レジャー目的のクロスカントリースキー(クロカン)は 麓の林道や  林を散策したり 健康維持 自分の体力に 合わせた滑走(運動?)を楽しむのに、手ごろな用具です。 用具も 下記のスキー場で、レンタルが可能ですし、スクールが なければ、パソコンや英会話などと同様 習うより慣れろ!です。 かかとがフリーなので よほど へんてこりんな転倒をしない限り 安全 大丈夫です。(積雪の少ない寒冷地方では、コースが アイスバーンになっている場合もあるので注意して下さいネ) 歩きまわっているうちに なんとかなります。 レジャー遊びに使う技術なら、特に難しいものではないので ワックスレスタイプ(ステップ=ウロコ板)のストックをつく 位置など 下記のエリアの宿泊先で 無料で教えてもらえる ところがあります。 スキー場でスクールがなかったら コースで練習している 地元の未来のアスリート(中 高校生)などに頼めば 競技が目前にでも迫っていなければ、スケーティング ヒルアップや 簡単なターンなどを教えてくれます。 どうしても金を使わないと 楽しい気分になれない方や アスリートのような高度なターンや走法を身につけないと安眠 できない方は、スクールかツアーに、気の済むまでお入り下さい。 2004年当時 全国に 41 のスキー場に常設されていた クロカンコースも 残念ながら少子高齢化の影響か 2013年3月現在は 20 に半減してしまいました。 クロカンは オリンピックなど競技を目にすると 体力のいる 過酷なスポーツのイメージが強いからでしょうか アスリートを目指す方以外は、レジャースキーの花  ゲレンデスキーに傾倒してしまいがちです。 雪の上を移動する用具として 軽くて かかとが自由、歩いたり 傾斜の緩い坂を登ったり 下りをゆったり滑走したり  怪我のリスクが極めて少ない雪遊びを楽しめます。 雪に、幼少から慣れ親しんだり、中高年には 冬季 健康維持のために 陸のジョギングウオーキングなどと同様に 子供から大人まで 全国的に普及してもらいたいものです。 コースの中には、管理コース以外に 樹氷や林間、丘陵など 自然を楽しめる バックカントリー並みを満喫できるところも あります。 多くはスキー場の下部に設営されており 営業終了がゲレンデより早いところもあります。 お出かけの際には、スキー場に確認をして下さい。 ★★  ローラースキー  ★★ ローラースキーは、クロスカントリー競技者の 夏場のトレーニング用具に開発されたものです。 一般の方がやってはいけないものではありませんが レジャーを楽しむ為のものではありません。プロテクタをつけ 交通の妨げや歩行者の危険のないところや所定の施設で使い 訓練します。 雪がありません。舗装道か、土の上です。転倒すれば危険です。 冬のクロカン未経験者や 中高年、特に骨密度の低い方は やめたほうが無難だと思います。 プロテクトしていても、擦り傷や生傷が絶えませんし 運動不足解消や体力作りが目的なら、サーフィン ジョギング ウォーキング 適度なサイクリング インドアなら、 ランニングマシーン、エアロバイク、エアロビクス 水泳などが適だと思います。

★ 高齢者のオフトレについて

高齢の方に、MTBやサイクリングを有酸素運動、体力作り などの名目で勧める業者もいるようであるが 昨今、健康運動、体操などが氾濫し、どれが適切な方法なのか 見分けがつきません。 有酸素に最適なのは年齢に関係なく 適度の速さで歩くウオーキングと科学的に証明されています。 息の弾むような過度な運動は高齢者には逆効果。 また、 ブレーキとアクセルの踏み間違い暴走事故多発が因となり 車の免許更新に高齢者講習(70才以上)が義務付された。 個人差はあろうが全ての機能が衰えつつある高齢者には 危険リスクが大。瞬間的な判断力、正確な動作において 自転車も同様と思います。 高い費用をかけて危険リスクが高く、過剰な運動になりがちな MTBや輪行をするよりも 500円程度で、適度な運動量をビジュアルで見ることができ 自身の体力に合わせて時間調整できる 市町村の体育館などの設備(ランニングマシーン、エアロバイクなど)で スキーに備えて体力 脚力を維持するほうが はるかに安全で効果的です。 車運転時や歩行時、 @. チャリで携帯やスマホの、しながら走り A. 低学年や高齢者の買い物ふらつき走り(のろのろ走り、緩い坂道 でのふらつき)や 注意力散漫の飛び出し、怖い思いをした方は多いと思います。 私は父母や祖父母には一般道、山道でのMTB、サイクリングは 車の入らない農道等以外では絶対させないことにしています。 自他、加害、被害者に巻き込みかねない スポーツは、年齢を考慮し、室内トレーニングが一番です。 屋内ではまわりの景色を楽しめないという ハンディはあります。 どうしても屋外に出ないとトレーニングした気がしない方は、 冒険スキーヤーの三浦雄一郎氏のような鍛え方も 参考になります。 5s〜20sの漬物石等をバックパックに背負い、 更に足りなければ、両足首に体力に 見合った1〜5s位のウエートを付けて、数時間歩く訓練も 一人で可能な体力強化方法です。(スキー用具の種類と重さ参照)

全国 クロスカントリーコースのあるスキー場の推移(2017年1月現在)
スキー場のないところも混在しています
   北海道  青森  岩手  山形  福島  新潟  長野  群馬  富山  石川  岐阜  滋賀  鳥取  広島  計
 2004年  5  2  3  1  1  4  18  2  2  0  1  1  1  1  42
 2017年  3  0  0  1  2  2  12  2  3  1  0  1  1  1  29

全国 県別 クロスカントリースキーのコースがあるスキー場&コース

 スキー場名  コース名  距離  利用料金  用具レンタル等  所在地県
           
 帯広の森クロスカントリースキーコース          北海道
 さっぽろ健康スポーツ財団 白旗山競技場  4.5q  無料  --  北海道
 ルスツリゾート      スクール込5250円(要予約)  有  北海道
           
 蔵王坊平ライザワールド  クロスカントリーツアーコース  6q  要リフト券  --  山形県
           
 湖畔の森クロスカントリースキーコース        有  福島県
 休暇村裏磐梯 クロスカントリースキー場    1,1.5,4q  無料  有  福島県
           
 マウンテンパーク津南スキー場  SAJ公認 3コース  2,3,5q  大人500円、中学400円、小学300円  --  新潟県
 十日町市吉田クロスカントリー競技場  国際スキー連盟(FIS)公認。夏季も利用可  5qx2本、3q  十日町市在住大人300円 小中学生150円
十日町市外の方:大人450円 小中学生225円
 有  新潟県
           
 水上高原リゾート    1q・3q  宿泊者は無料 他は1200円  有4000円  群馬県
 ほたか牧場スキー場  尾瀬ほたか高原スポーツパーク・ クロスカントリーコース  3q・5q  有料  2017 3月で廃止  群馬県
           
 峰の原高原    最長2.0q  宿泊者は150円〜  無  長野県
 菅平高原  サニアパーク菅平クロスカントリーコース  1q・2q  無料  有  長野県
 白樺高原国際スキー場  クロカン&チャレンジコース  5q  無料 要リフト料金  なし  長野県
 ファミリーゲレンデ霧ヶ峰  ラングフウラクロカンコース  5q  無料 スキー場に申告  --  長野県
 岩岳スノーフィールド  SAJ公認 ラビランコース  5q  無料  有 岩岳スキースクール内  長野県
 白馬クロスカントリー競技場      300円  --  長野県
 北信州木島平    5、10、15q  大人500円 小人300円  --  長野県
 野沢温泉スキー場    5・7.5q  400円  有  長野県
 黒姫高原スノーパーク  スノーウエブ  3、5q  大人300円 中学以下150円  有  長野県上水内郡
 ピラタス蓼科スノーリゾート      無料 要入山届  --  長野県
 Mt.乗鞍  ネィチャーエリア    要 リフト料金  有  長野県
 開田高原マイア    2.6q  無料  有  長野県
 栂池高原  前山クロスカントリーコース  2.5q  無料  有 スポーツ店  長野県
           
 IOX-AROSA    5q  無料 要予約  --  富山県
 立山山麓あわすの    3q  無料  有  富山県
 たいらスキー場 たいらクロスカントリー場 5q,7.5q,10q 500円    富山県
           
 白山スノースポット 白峰クロスカントリー競技場 3q、5q 一般500円、高校300円    石川県
           
 箱館山スキー場  林間 雪原  3.5q 積雪により営業  無料  有  滋賀県
           
 大山鏡ヶ成スキー場        有  鳥取県
           
 芸北国際    5q 不定期  無料  --  広島県

このサイトのTOP ページへ

このページの先頭へ