危険なバックカントリー(BC)スキー スノボ ガイドの見分け方

バックカントリースキーは、山岳スキーガイドや有雪期の山岳ガイドと行くか、ガイドなしの単独や仲間グループで行く、の2通りがあります。近年、ガイドを伴わないパーティなどの経験者による道迷い 雪崩遭難事故が多発しています。これに比べるとガイドツアーでは、雪山の知識、経験が豊富で、ほとんどの方は、ガイドの本分をわきまえて軽率な行動をしないので、事故は はるかに少ないのですが、ごく一部に「?」の方もいます。事前に見抜いて、より安全に楽しいBCが出来るように、このページではガイドについて、以下の項目について記述しています。

バックカントリー スキー スノボ は危険を伴うスポーツです

冬山 バックカントリースキーでの事故は、交通事故のように多発しているわけではありません。デビュー間もない中高年に、ガイドと一緒に行ったことのある山で同じルートなら、ガイドなしで、自分が滑りたい斜面や滑れそうな斜面をすべればいいなどと、無知、無責任なアドバイスをするガイドはいないと思いますが、雪山は生き物です。その年の気温、積雪量、当日の天候、時々刻々変化します。

危険リスクのないBCエリアも沢山ありますが、反面危険リスクの高い場所もあって、昨年、1週間前、昨日 なんでもなかったとしても、条件が揃えば、突然牙を剥くところも沢山あります。地形、雪質、積雪量などから知識と知恵のある人はそれを見抜きます。素人は見抜けません。

雪崩 道迷い クレバス 埋もれた岩 雪で覆われて見えない川 突然跳ね起きる埋もれた木の枝 段差 場所で変化する雪質  天候の急変 等々様々な危険があります。地震や噴火など予期せぬ事にも遭うかもしれません。 このうち 《雪崩》事故一度遭遇すると、人命を左右します。雪国の子らが裏山の雑木林でスキー遊びをするのとは全く異なります。

雪国育ちでない方は、事故のニュースでもないかぎり、日頃はみな ほとんどガイドにも事故にも無関心で、他人事だと思っています。事故が起きると、しばらく注力しますが、時の経過と共に風化、また無関心に、雪山に限らず多種多様な事故がこの繰り返しです。

☆ 山スキーに行く前に見ておくべき動画(uncorrelatedさんのブログより)
☆ 雪崩! 大雪崩からエスケープしながらバックカントリースキーをする

今まで何年も同じ催行者で、何事もなかったとしても、偶然かもしれません。その時、トムラウシ登山(この場合は登山でしたが)のように、催行者(山岳ツアーガイドの資質)によって、明暗が分かれます。重要とお考えなら、以下をしっかりお読みください。

山岳スキーガイド資格がある人とない人 違いはあるのか?

★ 資格だけで全てを論ずることはできませんが、差があると思います。

事故が起きると、「資格があったのにねー」「あってもなくても同じじゃないか」などと反論される方が必ずいます。では無資格のほうがいいのでしょうか?

そんなことはありません。運転 教員 医師 司法等の資格や免許等と同様、取得者の資質(不適格者など)に関することであれば、不適格者を摘出できる試験制度に変えるなど、簡単ではありませんが、不適格者がパスできぬように随時改め、質の向上を図ればよいのです。

資格がなくても、自身のポテンシャルをいつも認識し、ガイドの本分をわきまえて軽率な行動をしない方がほとんどですから、滑りで著名なインストラクタがファンの方達と危険リスクの少ない裏山や、丘などで一緒に滑ってみせることくらいは黙認範囲ですが、それ以上の山岳スキーは、山岳スキーガイド資格が必要です。

知名度に包まれて、ほんの1握りですが、肝心のガイド資格が不透明で、資質に首を傾げたくなるような行動をする方がいますので警告しておきます。危険要素事例のようなことを平然と誇らしげにされる方は、安全への知識がないか、軽んじているか、同業仲間同士で注意を喚起することも無く、何年たっても同じようなことを繰り返しています。JFMGAガイドは言うまでもなく、安全知識、見識のある方なら、誰もやらないことです。

山岳スキーガイドは、スキー指導員資格がないとできないのか

★ 指導員でなくてもできます 最優先は、スキーガイド資格やガイド資質です

バックカントリースキーのガイドに必要なものは、何よりもまず、「顧客を危険リスクが伴う雪山に登山し、事故なく怪我なく無事に下山させられる技術&資質がある」ことが最優先です。山岳スキーガイド資格や有雪期登山ガイド資格が該当します。

私たちは、日頃スキーレッスンや滑走など、雑誌などに掲載され知名度のある方を知ると、そちらに目が奪われ、バックカントリーで、最も大切な ガイド条件(資質や資格)を見極めもせず、このインストラクターならガイドも適格と、勝手に思い込み、盲信し錯覚しがちです。スキーインストラクター資格と山岳スキーガイド資格とは全く別物です。山岳スキーガイドは、上手なスキー指導員ならだれでもいいわけではありません。

スキーインストラクター経歴、個人や団体など競技経験豊富、オリンピックメダリスト等多数の光り輝く経歴があったとしても、無関係です。山岳スキーガイド資格・資質は全く異質のものです。

滑りの技術については、あらゆる雪質に対応できるよう、スキー指導員【SAJ、SIA(日本職業スキー教師協会の略称)、TAJ(日本テレマークスキー協会)各種スキー指導員資格】などが該当します。ゲレンデの検定試験ではないので、スキー指導員の資格はなくても、、バックカントリーで必要な滑り方の指導ができる方ならかまいません。

山岳スキーガイド資格などの有無を知るには

スキーガイドをされている方の中には、それなりの関門を通った資格を持つガイドと資格の不明な方とがいます。見分けるには

★ その会社のWEBサイトのスタッフのプロフィールを見る

サイトやブログのプロフィールに、JFMGA(社団法人日本山岳ガイド協会)の山岳スキーガイド有資格者、JAN(Japan Avalanch Network)認定LEVEL1またはLEVEL2(プロ資格)等が明記されています。どのレベルか明白です。 資格があっても、掲載してない場合もあり、JFMGAについては、JFMGA + スタッフの名前をつけ、逆引きで検索できます。

このほかに、SAJ、TAJ、SIAなど、スキー指導員資格も併記されていますが、前記のとおり、バックカントリーに必須の重要な資格ではありません

WEBサイトのプロフィールやネット検索で資格や経歴の確認ができない場合、行きつけのガイドにいきなり 資格は、、などと尋ねにくいことですし、わかったとしても、全国にA山岳会、B山岳協会、◎○ガイド組合など数多く存在し、その傘下下部の組織まで含めると、数えきれないほどあり、資格の表現 技術レベル 無雪期 雪期 など不統一で複雑で、その資格がバックカントリースキーガイド向きなのか、単なる無雪期の登山ガイドなのか素人には判別できません。

我々素人ができる判断項目の一つとして、各国共通水準及びこれに準拠する資格の試験項目、内容などが公表されている、国内機関のJFMGA(社団法人日本山岳ガイド協会)やJAN(Japan Avalanch Network=日本雪崩ネットワーク)などのライセンスの有無をまず確認することです。JAN資格はガイド資格ではありませんが、雪崩の起こる条件や地形、雪質等の知識など、ガイドに必要な重要な項目が含まれた筆記+実技資格です。

山を知り尽くしたプロのガイドが案内・・・ 人柄のいい地元の優秀なガイドが・・・ 案内します。このようなタイトルで、県の観光案内など目にすることがあります。寛容の国我が国らしいPRです。どんな職種であれ、顧客から料金を頂くものは全てプロです。 日本山岳ガイド協会 認定山岳・スキーガイド ◎△氏 など、行政でPRするからには、世界的にもさぞ著名な方かと、このガイドの経歴を、私は必ず調べます。不思議なことに、FACEBOOK WEBサイト 検索しまくっても、どこにも経歴が出てこないのです。

何を根拠に優秀なガイドと断定しているのか理解不能です。ガイドは接客業です。大なり小なり、客を喜ばせる術は必然で心得ていて当然です。このことがガイドの重要な要件ではありません

山岳スキーは無雪期の里山案内ではないのです。信頼した顧客に経歴詐称などがあったとしたら、どのようなことなのか、よく考えて頂きたい。

最近では、客の命を預かる重要な仕事をしている山岳ガイドについて、各県(長野県や北海道など)などで、より厳しく、質の向上を図るべく努力されているようですが、まだ一部の県であり、観光立国を目指す我が国として、安全管理に厳しい、緒外国人のスキーやバックカントリーの受け入れに備え、問題化する前に、早急にガイド資格や責任について全国規模で整備すべきと思います

信頼性のある催行者(ツアーガイドなど)をみつけるには

★ 催行者の癖を知る

人は、癖(個性の一つ)の無い人はいません、何事につけ、本性を隠していても、チョット気が緩んだ時や、くつろいだ時、意識せずにポロリとどこかで本音、本性が出てしまうものです。ガイド資格の有無にかかわらず、日頃の安全や危機管理意識をどの程度お持ちなのか、知ることができます。

《その催行者のサイトやブログをよく見て、普段どんなツアーやイベント 教え方をしている人なのか、どのようなタイプの方なのかを見抜くこと》

少なくとも その方の日頃の行動や サイトのツアー記録 サイトBBSの管理人自身の記事や動画 地震前後のBCツアー 同一山岳で同日のツアーエリアで起きた他パーティの雪崩死亡事故後の行動や感想などから、?の見分けができるように、客観的な目をもつことが大切です。

これらの記録から、およそ、その方のタイプを知ることが出来ます。面白いが危険リスクがある奇抜なこと(集客のための奇策狙い?)、良識あるガイドなら絶対やらないようなことをしたがる方は、単なる偶然とは思えぬ、似たような行動をするものです。

下記は、エッ こんなことするの?! と感じた一例です。あなたの妻、夫 愛する子供たち 恋人を、下のような事を好むガイドに、まかせたいでしょうか?。 変だなと思ったら、調べて、明快な答えが得られなかったら、次からそこへ行かないことです。以下の危険要素事例を1つでも経験したことがあるなら、立ち止まってみることです。あてはまる項目が多いサイトほど危険な要素をはらんでいます。


危険要素事例

★ 資格の誇大表示

公的なガイド資格があるように経歴を玉虫色にしたり、資格取得者の維持研修を受けているかのような掲載文。最も恐れることです。自身を過大に見せる為なのか、意図的でないにせよ、この種行為をする意味がわかりません。ないなら無しで結構、あるふり、虚勢はいらないのです。

このような装いをする時間があるなら、シーズンオフに、海外遠征費に恵まれないアスリートがやむなく国内の高山など、訓練に使う残雪の山で、レジャースキーのレッスンなど延々とやっていないで、多くのバックカントリースキーガイド達がこの期間に努力されているように、雪山スキーガイド資格取得等のスキルアップをして、自身の質の向上を図って頂きたいものである。

無資格であっても、謙虚で、いつも自身のポテンシャルを認識して慎重な行動をする方は沢山いますし、インストラクターの他にバックカントリースキーガイドでも生計を立てるのであれば、当然資格取得をしていただきたいが、ないものをあるように小細工を弄する方よりは、資格はないが、そのことがよくわかって行動される方のほうがむしろ信頼できます。

県別ガイド一覧に掲載のライセンスは、その社のWEBで公表されていたスタッフの何方かが取得しているものを、当サイトで、各資格認定機関で照合し確認済みのものです。

★ 悪天候警報無視

ツアー日の前に悪天警報や、雪不足危険情報が出ている時、中止を決めないもの(良識ある社は事前に中止を決定し顧客に判断を委ねません 当然キャンセル料もとりません)

★ アイスバーン 無ヘルメット エクストリーム好き

顧客を、危険なところに案内したり、エクストリームスキーを誘引するもの(秋の低温時のバックカントリースキー付登山で、凍った残雪のアイスバーンの 無冠(ヘルメット無し)滑り、凍った道路で転倒よりももっと危険。氷滑りが大好きで、探し求めているレジャースキーヤーはいません。。 万一、いたなら、警告して制止するのがガイドの重要な責務です)

ハエが止まるようなスピードですが、アイスバーンで転倒、尾てい骨を打ち、顔をしかめる客を不気味に笑う、ゾッとします。無防備の頭でなく尻でよかった。無資格者であるゆえにとる行動です。

3ピン用テレマークビンディングなどには、ISO 使用方法などで、危険防止の為、所定のヘルメット着用を義務付けているものもあります。無着用で、転倒し頭部のけがなどには、保険が適用されない可能性がありますので ガイド等に確認が必要です。

★ 軽量用具(ツーリングブーツ + ツーリング用ステップカット板など)を強調 危険度の高い季節外れに誘因 スキーアイゼンを使わない

残雪期の岩や石など露出 アイスバーンの多い時期、高山で、細板、革靴ヒールフリー等を奨励するもの(自在にスキー操作のできるプロがやることの物まねは超危険。特に柔らかめの細板はロングターンにはいいが、ショートターンは難、落石、デブリ、アイス、岩など瞬時に身をかわせる技術が必要です。プロでも難しい。素人は超危険行為です。催眠にかかって己の技術を過信するのは危険です。)

この時期は、プラブーツ+ワイヤーケーブル またはアルペンが必須要件です。型破りで 誘因するガイドの見識と資格の真偽に思いをいたさねばいけません。これも無資格者であるゆえにとる行動です。アマチュア時代趣味仲間との残雪遊びと違い、料金を頂いて顧客ガイドの仕事をしているのです。客の安全の為、時期と場所が肝要です。

アイスバーンのある斜面登坂には、正式のガイドであれば、スキーアイゼン(クトー)を使わせます。アイゼンをつければ絶対大丈夫ということではありませんが、つけない時よりも何倍も危険度が低くなります。

このような場所をそのまま登坂すると、エッジの食い込みが浅く、ジグザグ登坂したとしても、滑落の危険があります。滑落中、運よくブッシュでもあればつかまって、難を逃れられますが、ほとんどは滑落です。

若年はもとより、高齢者や女性は特に要注意です。この時期までBCスキーを敢行するガイドは稀少ですが、安全重視の方ならスキーアイゼンを必須携帯させます。

★ 小さな崖っ飛びや棚田等段差を不用意に越えさせる

小崖 段差(段々畑や田んぼなど)などを飛び越えさせるもの レジャースキーヤーのバックカントリーでは面白半分に、絶対にやってはいけない行為です。事故とは不幸な偶然がたまたま重なったときに起こりやすいものなのです。

めったにありませんが、飛び越えた先が隠れた小川だったり、しまい忘れた支柱(竹やパイプなど)はざに使った支柱の保管など、、が埋まっていたりと、、、安全に気を配る山岳ガイドは、一旦立ち止まり、自分が確認した同じルートを通させます。雪深い棚田等ある山では常識です。

★ 積雪少ないが何とかなるで商

積雪不十分の時期にツアーを敢行しようとするもの(下雪がなく、山肌から上部まで新雪層の場合、草木や岩、石などの危険物のないゲレンデと違い、何が埋もれているかわかりません。無雪期の山肌を熟知していても危険リスクが高い スキー用具の傷ばかりでなく、埋もれた岩に衝突もありです 良識のある社は延期または中止します)

★ 地震でも自粛しない 参加、欠は客まかせ

大地震の後、同規模の余震 誘発地震警報が全国的に出ている時期、無感心無対応のもの 特に強震域では、雪崩リスク特大です 無関心ではいられません。近くで地震誘発雪崩事故の合った周辺地区も震度とは無関係に危険です(良識ある社も 各スキー場も一定期間自粛しました この期間 休まずバックカントリーを催行したサイトは危険要素大)

★ 荒天を強硬突破

荒天の束の間の間隙をぬって行動するもの(天候の回復見込み行動 奇跡、幸運をあてこんでの行動は超危険 悪天時は待避、途中なら引き返す決断、勇気ある撤退が必要)荒天の中登坂 奇跡的にその時だけ晴れ頂上に、 ラッキーなどというガイドは超危険レベルです。いかにも判断が正しかったような言いかたですが、いちかばちかのような行動はリスク大です

★ 昼夜の酒好き 朝も昨夜の酒臭 

酒を好むもの 連日連夜 昼食時、休憩時の飲酒や 夜の酒盛り 翌日まで残るような酒飲みガイド(想定外の事が常に起こりうる大自然の中では、危険から身を守る知識 知恵のほかに研ぎ澄まされた五感 第六感が大切です) 毎日飲み続ける人は、研ぎ澄ますまされた感覚が午前中は戻りません(酒好きの私の感覚から)普段危険と感ずることでも見逃したり 粗雑 おろそかになります。ぼーっとした二日酔い運転と同じで危険です。3.と同様アマチュア時代趣味仲間との遊びではありません。当然、客を車移動する直近の飲酒は×です。

★ 1人で6名以上の客のガイド

ガイドレシオ  1ガイド:顧客数  バックカントリーエリア 難易度により1ガイド3人〜6人程度の顧客が妥当 これ以上は 右にいくほど(1:3  1:6  1:9など)危険リスクが高くなります。(レベルでクラス分けして、クラスごとにガイドを付けてくれる 社もあります) どんな単純な山スキーでも、1人で7人〜10人の客のガイドは、目が行き届かないでしょう。

少ないほどよいのですが、ガイド自身が急病や、けが 先頭雪崩などのアクシデントで、動けなくなるということもあります。ということも考えて、最少レシオ 1:1 バックカントリーは避け、可能な限り1:2〜1:3人のほうがリスクは低くなります

★ ビーコンの操作を教えない または教えられない

雪崩に遭遇しないような行動が出来る これがベストです。しかしバックカントリーでは、どんなに注意していても、いつでも 誰でも雪崩事故に遭遇する危険性は大です。ビーコンやプローブなどのチエックに無関心、及び雪崩救出のイロハを 客に教えることのできないと、貴方の夫や妻 子供がもし、、、その時どうしますか?

他のパーティが巻き込まれたら、助けなくてはいけません。そこに居合わせた者の 暗黙のルール お互い様です。2次災害の恐れがあれば、救援隊を待って手伝うこともあるでしょう。しかし安全が確認できれば一刻も早く助けるのが務め 1秒を争います。訓練に日頃無関心のガイドは、万一客が雪崩に巻き込まれても、すぐ救助活動をしてくれるか疑問です。

客は雪崩救出のエキスパートを目指すわけではありません。しかし、 消火器や人工呼吸救命などと同じく、例え幼稚でも とっさの時に すぐ役に立てるような日頃の慣れが必要なのです。

ガイドは日頃から客の状態をきちんと把握し、定期的に客に 初歩的な訓練が出来ねばなりません。誰も皆めんどくさいことなどしたくないし、一刻も早く滑りたいものです。毎日では客が飽きます。訓練のインターバルも適正化が必要ですが、しかし厳格にして客に嫌われまいと、ゆるゆるにしてはいけない訓練です。重装備、面倒くささを特に嫌う女性集客の為、これらを省略する業者は危機意識が問われます。

雪崩リスクトップは試走のガイドといわれます。ガイドは自分の華麗な滑りを見せるために先頭滑走するのではないのです。その時 大勢いても 全員おろおろしているパーティでは助かるかもしれない命も救えません!

重い道具を必携装備、数合わせだけでは 何の意味もないのです。ビーコンも己の死体を探してもらう道具だけになっては困ります。実地訓練をした人でも、半年間何もしないでいたら いざという時役立てません。人は使わないものはすぐ忘れるものです 客もガイドも同じです

日頃地元の消防団 警察等の方々と息の合った実地訓練を重ねて努力されているツアーエリアの地元の JFMGA公認ガイドやJANレベル2取得者等のほうがエリア外のガイドよりも より信頼できます。

★ 足元が見えなくなるまで行動

 日没まで活動するもの(アクシデントがない限り、夕方は滑り疲れて1日の疲労蓄積大、怪我や事故の多発時間帯です、雪質急変しよく滑るしアイス化、デブリや落石は暗いと見にくい、気温変動大。遅くとも日没1時間前に宿へ)

★ WEBサイトの略歴が不明瞭

サイトのプロフィールで社の略歴 所在地や代表 スタッフの画像がないもの(個人の趣味サイトやブログと違い、顧客ガイドの商用でアップしているサイトに顔写真がないのは、不自然。顔や所在地を知られたくない何かがあるのか、きちんとした社なのか疑問。(メルアドや携帯番号だけのサイト 意図的なら、信頼性に欠けます。)

★ 緊急連絡先がない または不明

個人営業の場合、緊急時の連絡先の明示のないもの または指示のないもの(1:1のバックカントリーで、ガイドがアクシデント時 客が[客はGPSを持っていなければ、自分のいる山の現在地はわからない]事務所や、拠点にいるスタッフ(夫、妻 対応できる家族などでもよい)へ緊急救出要請ができる体制にあること。 携帯不通地点なら客一人で 来た道を引き返すしかない だから他の人が来ない隠れスポットなどへの 1:1 は極力避けるべし)

★ 画像情報(プロパティ)の、撮影日時を削除しているサイト

WEBトップページの背景画像やギャラリーなど撮影日に意味がありませんが、日替わりで使う商用のツアー記録や BBSなどで使う当日の配信画像 動画などは 撮影日時に意味があります。 撮影日時を削除すると信憑性がなくなります。 その画像がスケジュール通り、当日のものか、以前撮りためたものか疑わしくなります。

その場所にいたことを秘匿したい??、通常は削除する必要のない情報です。 ツアーの場所を同業他社に特定されぬように、場所などのGPS位置情報だけを 削除することは、ありうることですが、撮影日を意図的に削除して その日その場所にいた行動を秘匿しなければならないようなガイドや社は 何かありそうで、意図的なら、信頼性に欠けます。

【 参考 】

あなたが、バックカントリーツアーに行こうとお考えの時、催行者を決める場合、何を基準に その業者を選んでいますか?

  1. 滑ってみたいエリアだから
  2. 自分のレベルに合っているから
  3. いつも利用している業者だから
  4. 日程の都合がよいから
  5. 自分のレベルをよく知っているから
  6. 価格が丁度良い
  7. ガイドが魅力的だから
  8. 人に誘われたから
  9. 安全性が信頼できるから
  10. 知人同業他社の推薦

重点をおくのは、1〜5くらいではないでしょうか。 今まで何もトラブルがなかったから、、、。雪山の事故がそんなに頻繁に あってはたまりません。人智を超えた不測の事態、ガイドの未熟で起きるトラブルや 事故、遭遇しなかっただけかもしれません。 遭遇すれば命の危険は必定。 今からでも遅くありません。安全性に重点をおき 冷静に 見分けることが大切です。 くどいようですが、 優秀な滑走技術のレッスンプロが全て優秀な山岳スキーガイドとは限りません。レッスンや滑走など、雑誌などに掲載されると、全て万能のように錯覚しがちですが、2つの技術は全く別物です。 言葉ではなんとでも言えます。 日頃の行動、記事、ブログ文章、動画などをよく見聞きして、客観的冷静に判断しましょう。

 

ガイドの本分は、レスキューにあらず。無論レスキュー能力も重要なタスクの一つですが、人智の及ぶ限り危険のリスクを回避し、怪我 事故なく 顧客を 生きて 無事に帰還させること こそ第一のタスクです。

[参照]BCRiding 混沌にあるガイド資格

このサイトのTOP ページへ

BCツアーガイド社は、複数のスタッフのいるところか、個人営業であっても、客1人のツアー以外は、複数のガイドを配備する社を選ぶと、体力や、滑りの技術に見合ったメニューも豊富で、より楽しめて、安心です


※雪山山岳ガイドのライセンス

冬山バックカントリーツアーで、ガイドを選ぶ上で大事な一つの目安です。地方自治体で認可する 登山案内人等、北海道以外の地域では、無積雪期の 整備された登山道に対するものがほとんどです。

山岳スキーガイド(冬山またはオールシーズン認定ガイド) ライセンス所持者は、そう多くはないようです。

素人が判断する材料として、山岳スキーガイド社のJFMGA(日本山岳協会の山岳ガイド)やJAN(日本雪崩ネットワーク)などのライセンスの有無を確認するとよいでしょう。


程度の差はあれ、ガイドは皆、毎日、早朝 その日の客の技術レベル、体力などを考慮して、雪質、 雪崩の危険個所、万一の場合の逃げ場、デブリ、天候急変時の引き返しルートとポイント等etc、下見をし、 その日一番ベストなところに案内してくれます。特別な客のためではなく、どんな客にも公平、客には見せない影の地道な努力。必然と思っているのか、聞かれなければ、自ら語ることはなく、仕事とはいえ、感謝です。