山スキー用具&バックカントリー 動画SKI

お役立ちリンク

canadia

山スキー(山岳スキー)用語の意味は、テレマーカーがテレマークスキーと区別するために付けたと言われている アルペンスキーだけを指しているわけではありません。アルペン(Alpine 直訳すれば高山です)使う用具に関係なく 高い山岳地帯を主に滑るのを山スキーと呼んでいるのです。当然テレマークも山スキーです

ビンディングによって、かかと固定で滑走する いわゆるアルペン式と、かかとが上がって自由に歩けるテレマーク式 で比較して、 どちらが、バックカントリーに適しているのか? テレマークは  ヒールフリーだから転んでも怪我をしない だとか、軽くてバックカントリーに最適  いくつになっても楽に滑れるとか  よく話題になりますが、 、とんでもない偏見です。そんなことはありません。

テレマークはどうして谷足を前にしてターンするのでしょう。山足を前にすると何がいけないのでしょう。こんなこと考えたこともないでしょう。どうして今のスタイルになったのか? もし逆に山足を前にしたらどうなるか 試したこともないでしょう。 反対にアルペンはどうして山足を若干前に出してターンするのでしょうね。谷足が前でもいいじゃありませんか?

でも、そんなことは、どちらでもいいのです。 どちらが自分の趣向に合っているかどうかだけのこと。つまり趣味の問題です。 競争すれば、スピード、ターンのキレ、急斜面適合、 滑りやすさ  ハイクアップのし易さ どれをとっても、アルペンに軍配が上がるでしょう。

ゲレンデスキーは、かかと固定が滑走用具の主流で、幼少から、かかとがフリーのスキー(クロスカントリースキーなど)に慣れている雪国育ちの人以外は、技術習得がアルペンより難しいと感じるかもしれませんが、そんなことはありません。慣れです

市販のゴム長靴スキーの経験のある雪国育ちの中高年の方は、かかとだけはフリーでも、つま先(コバ部分)がガッチリ固定される3ピンビンディングテレマークスキーは、ふにゃふにゃで不安定な、市販ゴム長靴スキーなどとは比較にならぬほど、滑りやすいと思うことでしょう。柔らかめのツーリングブーツ、サロモンX-ADVなどを履いてのツーリングスキーも、、ゴム長靴に比べたら天国と思うことでしょう。

テレマークがいいかなと思う点は、 「難解そうな感じ?がするので体験をしたい」「アルペンスキーに飽きた」「人と違ったことをして目立ちたい」いささかM的要素とミーハー的な人心をくすぐって、集客する商法も目にします。

アルペン山スキーの短所は、重さだけでしたが、それも昨年からDYNAFIT  TLTのブーツとビンディング一体型の テレマーク式に引けを取らない超軽量のものが登場、このビンディングに合うブーツも複数のメーカから共通SPECのものが入手できるようになりました。            

不得意分野の装備の重さも克服、出だしとあって、価格が少々高い(セットで約10万円)のが、 難点ですが、バックカントリーに出ると、そこではテレマーカーのほうが多いような気がしますが、ゲレンデ+バックカントリーを含めた全体では97%以上がアルペンスキーヤーです。

子供の頃から、テレマークスキーを習う人が皆無で、ゲレンデでアルペン滑りから覚え、中高年でテレマークに鞍替えが圧倒的だからです。

この軽いTLTなどの用具で アルペンで習得した技術を使って、自在に山スキーを楽しめれば、、技術習得のために面倒くさいテレマークに金をかけて長期間費やす人もいなくなるかもしれませんネ。

そして浸透すれば、アルペン派が多いだけに価格も手ごろになって来ることでしょう。

下の表は、用具の項目別の比較です。項目が全て網羅されてはいませんので、参考程度に!

 山スキー用具(アルペン&テレマーク)の比較
項目 アルペン テレマーク 
スキー板の重量 細・太板 細・太板 
スキーブーツ重量 TLT専用ブーツ2.9s(ペア) 
参考:ゲレンデ用ブーツ3.6s(ペア)
山スキー兼用ブーツ3.2s(ペア)
ENIGMA1.9s(ペア)
プラブーツ3.4s(ペア) 
革靴2.5s(ペア)
ツーリングブーツ1.93s(ペア)
ビンディング(歩き、登坂) クライミングサポート(かかと高さ調整可) クライミングサポート(かかと高さ調整可) 
ビンディング(重さ) 最新DYNAFIT TLT 1s/(ペア/ブレーキ付)
DYNAFIT スピード(ペア/ブレーキなし) 670g
従来 ディアミール イーグル 1.7s(ペア) 
ケーブル式 1.3s(ペア) 
滑走性 急斜面・悪雪万能 悪雪にやや難 
価格 --- --- 
安全性 膝、大腿骨折等 股関節裂傷(股裂き?)、顔面打撲、膝頭打撲等 
体力消耗度 完全なヒールフリー登坂、長時間可 重いものを背負っても膝屈伸がなく滑走負担小 半ヒールフリー登坂 長時間に難 重いものを背負い膝屈伸 体力消耗大 
永続性(肉体疲労) 中高年には膝屈伸負担軽い
70、80才代も多数 
中高年には膝屈伸は負担大
70才代稀、80代0 
技術習得難易度 テレマークより易 アルペンより難(アルペンから入門すると難になるが、子供の時からテレマーク一筋なら意外と簡単なのかも、優劣なしかな) 
懐古 革ブーツ 使用可 使用可 

より軽快なバックカントリー用具を求めるとすれば、クロスカントリー系(XC)の細板(エッジ付)で完全なヒールフリーでという事になりますが、 ブーツも華奢で、登山シューズのように足首が隠れるくらいの深さのものやツーリング用の深めのブーツでも柔らかいので、軽い反面、当然ながら 深雪や急斜面、岩場の多い山岳地帯(立山など)で 特に積雪の少ない時期の初滑りや、春から秋アイスバーンの現れる時期などでは、岩と衝突などを避ける為、とっさに身をかわすことに不向きなので、アイスバーンに食い込みの悪い用具は、硬めの革靴などを履いた場合でも、このような場所のバックカントリーには不適ですし、危険です。 野山や丘 林の散策 傾斜の緩い林道など 歩き主体に限られてきます。

このスキーで直滑降を楽しむ姿を見かけますが、完全なヒールフリーです。  怖くて腰がひけた時以外は、前方に転がる転倒がほとんどで板も外れません。足や下半身のケガは重雪に足を取られて軽い捻挫位ですみ、重いケガは比較的少ない反面、スキーの先端でおでこを傷つけたり、目やおでこの強打などのケガが多いことを知っておいて下さいね。

かかとが解放されていると 転んでも転んでも楽しいなどと、たわごとをのたまう方もおられますが、転んで楽しいバックカントリーなぞありえません。運よく怪我がなかったとしても、眼鏡はすっ飛び 変形か紛失、全身雪まみれ、手は凍え、重い荷を背負って転倒すればアイス斜面では滑落、深雪では起き上がれません。疲労困ぱい 体力を消耗し命とりです。ゲレンデや丘程度のツーリングならともかく、山岳地帯のバックカントリーは転倒してはいけないところです。

この章での記述は適切でないかもしれませんが、雪中窒息死事故は雪崩遭難だけで起きるわけではありません。顔面から雪面に突っ込み、重い荷物を背負い、手足の自由を失えば、どんなところでも起こり得ます。滑走順は、メインガイド、次に技術レベルの低い人、、、シンガリはサブガイドか、一人ガイドなら上級者が一般的です。上記のような転倒し顔面埋もれや立木衝突、ツリーホールに落ちたなど、後続者がいち早く救援にかけつけるためで、メインガイドが斜面を登り返していては間に合わないからです。

ヒール固定のアルペンでは、予期せぬ凸凹斜面に遭遇しても前方に吹っ飛ぶことはまずありません。しかしヒールフリーは、凸凹で急ブレーキがかかったとたんに、ヒールが浮き、頭の重みで100%前方に吹っ飛びます。前方にノルデイックジャンプのように頭から「吹っ飛ぶ」、これはアルペンではありえない恐怖です。

私は小学生の時、エッジなしの木の板で新雪で転び 多分スキーの先端でこすった ひたいの傷が今も消えることなく刻まれています。 男の勲章?で笑えますが、エッジ付板はもっと鋭利です 妙齢の女性はお気をつけ下さい。私なら体の固くなった30歳以上の女性に「直カリ」はおすすめしません。まあ手術すればそれなりの元の美形に復元は可能と思いますが。 アー ジジババはどうするか? お好きになさいませ。傷が治れば 見分けがつきませんから。

また、アルペン、テレマーク、XC系の板も、カットソール(滑走面の一部に、魚燐のようなウロコを刻んだ、(30度くらいの斜面でもシール不要で登坂可能)板を使うことによって、斜度、雪質、などバックカントリーの範囲は限定的になりますが、 煩わしいシールの着脱不要で、そこそこの斜面を、登っては滑るを、繰り返したい趣味の人(希少)向きです。

斜度がないとウロコが邪魔になり、普通のスキー板(ウロコなし)のソールに雪が氷りついたときの滑りと同感覚で、下りもブレーキがかかって、滑りは全く楽しくありません。歩き重視の 人や、歩く、汗をかくのが好きな人向きの領域です。また独特の滑走音も耳障りです。 これらについては、バックカントリー用語辞典 ツーリングスキー(俗称:BCクロカン)を参照してください。

余談ですが、101歳で亡くなられた、八甲田山はじめ立山などバックカントリースキーのルート開拓者でもある 山スキーの元祖 故 三浦敬三 翁(冒険スキー家 三浦雄一郎氏の父、三浦雄太氏の祖父 著書[百歳 山スキーと山岳写真に生きる])は テレマークスキーを大学生時代にマスターしているが、山スキーでは アルペン滑りで通している。 なぜそうしたのか!今となっては知る由もないのだが、 将来テレマークでは体力が落ちた時、膝の負荷を考えてのことなのか? それとも…。  それとも一流のアルペンスキーの師だったからなのか 青森のイタコにお呼び出し頂くか 、子息の冒険家 三浦雄一郎氏にお伺いしてみたい。

アルペン用具でゲレンデを主に楽しんでいた方が、これからテレマークを習って バックカントリーに出るには、相当の年月、費用がかかります。アルペン用具で ゲレンデでの緩斜面、急斜面で小回りターンができ、リフト脇の新雪など自由に 滑れた人なら早くて2〜3年 そこそこのテレマークバックカントリーができるようになって費用もそれほどかからないかもしれません。

アルペン滑りがそこそこの腕前の方は、5年〜10年 (50日〜60日/年 1月〜4月の間レッスン受講 + 初級バックカントリー)は、覚悟です。 どんな、スクールで習おうと、どんなに運動音痴であろうと、このくらい手間がかけられる余裕があるなら、誰でも一応夢は叶うと思います! ゲレンデと違って、体力が勝負です

習うなら、若い時から、少しずつ〜〜長年かけて計画的にスキルアップしていくのが、自然かなと……。

宿泊+スクール+バックカントリー料金 50〜60日/年4ヶ月 として50万〜100万円/年 (暇と金) 金持ちでも そこそこでも どちらも自由にできる時期は、一生の間に限られてきますからね。

以下の動画サイトは、アルペン、テレマークの2つの滑りを掲載しました。どちらが自分のフィーリングに合って いるのか、どういうバックカントリーをしたいのか、参考にして下さい。

バックカントリー動画サイト  アルペン テレマーク 

★ アルペン滑走

山スキービデオ館
WORLD SKI REPORT
八甲田山
オンライン パウダーレッスン
八幡平パウダー 小屋泊スキーツアー DIGEST

★ テレマーク滑走

テレマークスキーファーストブック
テレマークスキー基本練習動画 TelemarkJapan
TAJ名誉会長 細板・革靴時代のテレマークスキー1989年 山本由紀夫氏の華麗な滑り
蓼品 縞枯山荘 動画ギャラリー
テレマークスキー動画
イメージワークス
イメージワークス
八甲田パウダー

このサイトのTOP ページへ