バックカントリースキー入門

★ ゲレンデばかりでちょっと飽きてきた。  新雪や深雪を滑ってみたい  フカフカパウダーにめぐり合いたい 広大な自然の中に出てみたい。  バックカントリー(以下 BCと記す時もあります)に出る前に知っておかなければいけない、バックカントリーのリスク、体力、 装備、費用、用具等、このページでは、下記の項目について説明しています。服装と装備については、詳細は、装備のページに掲載します。

バックカントリー(BC)のリスク    アルペンスキーでバックカントリーをお考えの方

体力    服装   装備   費用


バックカントリー入門

★ バックカントリー(BC)のリスク

コースが整備され、緊急時の配備が行き届いているゲレンデと違って、バックカントリーエリアは、広大な大自然、何も ありません。コースが表示されて、滑走場所が示されているわけでも無く、立ち入り禁止の看板もありません。このエリアを、スキー場コースに隣接の滑走禁止区域と勘違いされる方がおられますが、そこが以下のような危険個所でなければ、エリアの一部に使うこともあり得ますが、ほとんどは スキー場の山頂からコース外に出て、更に雪山に登り、森林の中や岩山など、安全滑走のできそうな斜面を滑りおります。

▲雪崩  ▲道迷い ▲クレバス ▲埋もれた岩  ▲雪で覆われて見えない川  ▲突然跳ね起きる埋もれた木の枝 ▲段差  ▲場所で変化する雪質  ▲天候の急変 

命の危険と表裏一体です。事前の用意周到な準備が必要です。 また眼前で突然変化する全ての状況に瞬時に対応もしなければなりません。ガイドが全て詳細に説明してくれるわけではありません 。ガイドがついてもつかなくても、全ての行動 は、個人の責任です。他人の力を頼りにはできません。素人ができる限界の

「危険いっぱいの究極の冬山登山」

なのです。バックカントリーエリア(オフピステゾーン = 雪が積もった自然のままの状態)では自分の持っているすべての体力 気力 知力 滑走技術が試されます。ゲレンデとは全く違います。ゲレンデで縦横無人に滑れる技術を持っていても、慣れないうちはあまりの違いに打ちのめされます。でもみんなそうやって少しずつスキルアップしていくのです。

入山時は、バックカントリースキーエリアの山岳警備隊や山小屋情報、山岳の管理団体などで出されている、雪崩などの入山危険情報や、悪天候注意報など(1晩で50p以上の降雪があったり、数日間大雪が降り続き雪崩危険リスクが高まっている時などに出される)をよく調べ、「入山するな」の警告が出ていたら、絶対に従うことです。 また、ガイドと共に行くツアーは、ガイドの指示 誘導には絶対に従うことです。

★ 体力

バックカントリーでは、自分で苦労して登った高さ、長さ分だけ、滑りを楽しむことが出来ます。2時間ハイクアップすれば、その分。 ですが、下りです、あっという間です。

自分の体力がどのくらいあるのか、概ね知っておく必要があります。また、ハイクアップに体力を100%使ってしまうと、肝心の下りの滑走を楽しむことができなくなります 下りのヨレヨレ滑走は、とても危険です。また仮に山裾まで降りたとしても、場所によっては、スタート地点まで 登り返すこともあり、その為の体力も必要です。

ハイクアップに小休止を含む、連続約4hrが必要なツアーでは、6hr以上の無積雪での山歩きが可能な程度の体力を持たなくてはなりません。 これら体力については、ほとんどのツアー業者が、体力の目安として、なにがしかの基準が定めてありますので 参考にして下さい。 例えばこんなマークもあります。
体力度:シューズシューズ

初参加のツアー業者の場合は、ご自分の年齢、スポーツ歴など説明し、ついて行けるかどうか 確認されるとよいでしょう。

バックカントリーは、登山スキーです。ゲレンデスキーと違い、体力、脚力、技術力に合わせて コースが選べるわけではありません。20才代〜80才代まで、老若男女ハンディなしの同一条件で 楽しむスポーツです。(混み合う休日を避ければ、体力に合わせて1対1で対応してくれる業者もあります。)若年でも鍛え方によっては、高齢者よりも体力のない場合もあります。

参加した方や、仲間同士のツアー、ガイドの迷惑にならないように、老若に関係なく 日頃から体力を鍛えておく必要があります。

下の表はバックカントリーで使うスキー用具の種類と重さを表しています。無雪期の、軽い登山靴とは異なり両足に4〜5sの負荷を付けての登山と同じになります。体力面 特に脚力の目安として、両足にかかる負担値を参考用に表しています。当然ですが、これに荷物の入ったバックパックとご自分の体重もプラスします。 体重の増加した方は、その分も入れてください。片足にかかるウエート(重さ)は合計重さの1/2つまり山スキーファット系の場合は8.4÷2=4.1sとなります。

 区分  スキー板  ビンディング   ブーツ 計 
XCツーリング T  種類  ハーガンX-TRACE
ステップソール
 ロッテフェラー NNN  クリスピー
JOKUREN GTX
 
 重さ s/pair  2.1s  0.25s  1.84s  4.19s
XCツーリング U  種類  セントエライアス
ステップソール
 チリケーブル  ビンソン
テレマーク革靴
 
 重さ s/pair  2.1s  1.30s  2.20s  5.6s
          
細板 革靴  種類  Fisher 184p
(ノンステップソール)
 チリケーブル  ビンソン
テレマーク革靴
 
 重さ s/pair  2.4s  1.30s  2.20s  5.9s
セミファット系
テレマークスキー
 種類  BD社 
ノンステップソール
 チリケーブル  スカルパ 
T3
 
 重さ s/pair  2.7s  1.3s  2.8s  6.8s
          
山細系
スキー
 種類  ロシニョール184p 
ノンステップソール
 DYNAFIT TLT   TLT専用靴   計
 重さ s/pair  2.2s  1.0s  2.9s  6.1s
山スキー系
セミファット
 種類  ロシニョール
テレマーク用168p
 ディアミール
イーグル
 山スキー兼用靴  
 重さ s/pair  3.5s  1.70s  3.2s  8.4s

★ 服 装

服装は、ゲレンデスキーとバックカントリースキーでは、本質的に異なります。ゲレンデでは頂上までリフト、ゴンドラに乗り、滑り降りて来る、その繰り返しですから、春、夏スキーでもなければ、暑くて、、、ということは、ありませんが、厳冬期のバックカントリーでは、荷物を背負って頂上までかなりの時間 雪山ハイクアップです。ドロップしてまた登りかえしたり、、、と。   汗をかかないように、ウエアを脱いだり、着たりで調節します。汗をかいて冷えたり、疲労しないように、動きやすく、軽く、快適なウエアが求められます。

最新モデルが準備できれば一番良いのですが、バックカントリーの初期投資費用は、一度に揃えるとかなりの金額になります。 資金に余裕のある方は別として、いきなり、2泊以上のツアーではなく、まずは日帰りから 始めたらいいでしょう。その場合は、ゲレンデで使っていたウエアでも大丈夫です。 快適ではありませんが、暑ければ脱いで調節できます。そして長続きしそうなら、2日以上のバックカントリーやテント泊などハードなバックカントリーにも耐えうるアウター(一番外側に着る)には、ゴアステック系のウエアを求めれば良いでしょう。

アンダーウエア(下着)----- 化繊系またはウールで汗を素早く透過できれば、特にブランド品にこだわる必要はありませんが、ここだけは、惜しまず、良質のものを購入しましょう。

絶対にダメなもの 綿の下着(乾かず汗冷えします 時には致命的になります)

中間着----- 主に防寒、防水、防護のために着るアウターの下の中間着は、着心地、保温性、吸汗発散性の高いものを、重ね着をして空気の層を沢山作ったほうが、暖かい。 登高で暑くなったら脱げばいい。ブランド品に、特にこだわる必要はありません。

アウターウエア(一番外側)----- 前記のとおりゲレンデ用のウエアでも一応は可です。保温性、放湿性の良いものを選びます 。ただし冬山です 雪山の天候が急変しても、命を守れるような体温の低下を防げないよう、軽く、防水、耐風性、防寒のウエア(ダウンなど)が必要です。

アウターパンツ----- ゲレンデ用と同じで結構です。春、夏スキーなど暑さ 汗対策が必要な時期には、両サイドをジッパーで開放できるものもあります。最初は初期投資に無理をせず、バックカントリーが本格化してから揃えてもいいでしょう。

★ 装備

バックカントリー三種の神器 ビーコン、ショベル、プローブ(これがないとツアーに参加できません) 初めてのバックカントリー参加者には、雪崩救急の訓練をする主催者もあります。使い方の訓練をしないところもあるので 、使い方について、十分マスターしておくことが大切です。 この他ツェルト(1人〜2人用テント)や、ヘルメット着用を義務つけるツアーもあります。  殆どのツアー主催元でレンタルが可能です。最初はレンタルで始めたらいいでしょう

サングラス(目の保護です。ハイクアップで使います)、ゴーグル(滑走時、眼の保護のため強制着用のところもあります)グローブ2揃い(予備を1つ) ヘルメット(安全のため強制のツアーもあります)主催者の指示に合わせてください。 スキー板 ビンディング(アルペンかテレマークかで変わる、後述)、シール、ストック、バックパック またアルペン固定ビンディングの方は、スノーシューが必要です。

ビーコンショベルプローブバックパック
ビーコンショベルプローブバックパック

バックパック

ショベル、プローブ、昼の食べ物、嗜好品、水類、タオル、ゴーグル、衣類など 装備品一式を入れられる容量のもの、Min 25L〜36L程度 スノーシュー登高する人は スキーを背負える サイドスキーキャリーか フロントスキーキャリー付のものが必要です。 またスノーシューを取り付け可能なバックパックが必要です。 衣類など宿泊施設やベース基地などに、おいて行動するので、大きすぎると持て余します。 これらについては、装備のコーナーで記述します。

★ 費用

ゲレンデスキーやクロスカントリースキーなどこれまでスキーをされていた人がバックカントリーを 始めるにはどのくらいの費用を考えればよいか、概算値です。

アルペンスキー(ゲレンデスキー)の用具、装備(服装など)でお考えの方
1.バックパック(25g〜36g)  2万円〜
2.ビーコン           3万円〜7万円
3.ショベル           5千円〜1万5千円
4.プローブ(ゾンデ棒)     5千円〜1万5千円
5.スノーシュー         2万円〜
6.ストック(リング交換可)   1万円〜   (伸縮可のもの)

初期費用投資をしないでツアーを望まれる方は、バックパック、ストックだけを準備すれば 2〜5は主催元でレンタルできます。
2〜5一式レンタル料/日   2000円〜
ツアーガイド料/日(宿代 リフト 乗り物は別)  9千円〜

オーナーがガイド資格をもつ旅館、ホテル、ペンション、民宿 などが主催するツアーを探すと、安あがりです。 通常の宿泊費の他に、日帰りバックカントリーツアーガイド費として5000¥〜7000¥程度で楽しむこともできます。全国バックカントリー 県別のツアーガイド社から見つけてください。

★ スキー用具

アルペンスキー(テレマーク滑り以外)滑走の方がバックカントリー(BC)に出る場合 下記の方法があります

 ゲレンデで使っている用具(板+ビンディング+アルペンブーツ)をそのまま使う場合

  • ハイクアップ時は、スキーをバックパックに装着し、アルペンブーツでスノーシューを履く
  • ハイクアップ時は、脱着可能なヒールフリー用具をアルペン固定ビンディングの上に装着する。滑る時には外す。スノーシュー不要
  •  ゲレンデで使っている用具のビンディングだけ交換し他はそのまま利用。

  • ゲレンデで使っているスキーのヒール固定ビンディングを両用(歩きと滑走)と交換する スノーシュー不要
  •  テレマークスキー用具でアルペン滑りをする

  • テレマークスキー用具{板+テレマークブーツ+テレマークビンディング(ケーブル式半固定)}を使う スノーシュー不要
  •  ツーリングスキーやクロスカントリー系スキーでアルペン滑走する

  • 林道や丘 ゲレンデ脇の林など 歩き主体の場合、制限があるが、軽量ツーリング用具1式(ツーリング系エッジ付細板+皮革靴+カットソール+軽量テレマークビンディング)を新調し、アルペン滑りをする。

  • ★ ゲレンデで使っている用具(アルペンスキー)をそのまま使う場合

    ピステ(圧雪)してあるゲレンデと違いオフピステ(非圧雪) の続く雪山や林の中を登って斜面を滑り降りるわけですから、 スキーブーツが埋まらぬように、スキーブーツをはいたまま、スノーシュー(西洋式かんじき)をつけます。 スキー板はバックパックに固定して背負います。 バックパックにスキー を装着する  を参照してください。 目指す斜面に着いたらスノーシューを外し、スキーに履き替えます。スノーシューは、ほとんどツアー主催者からレンタルが可能です。

    一番安価な方法でバックカントリーができますが、この方式の欠点は、、図のようなルートで尾根筋を登り降りして目的地点に 着くまでの間、スノーシュー⇔スキー板をその都度履き替えが必要で かなり手間がかかって煩わしい。 同行者が全員このスタイルなら問題ないが、1人だけだとガイドを1人占有することにもなるので、ツアー催行者に確認が必要です

    斜面登坂図

    ★★ 1と同様、今使っている用具(アルペンスキー)に、ヒールフリーのアダプタ(アタッチメント)を装着する場合

    アルペンブーツにアタッチメント(約1.2s/1ペア)を取り付け、アルペンビンディングを踏み込むだけで、歩行、登行時にヒールフリー(かかとが自由に上がる) になる(アルパイントレッカーアルパイントレッカーなど)を装着する方法。(1)と異なり、登坂の為の、シールが必要になります。諸費用  トレッカー 16000〜20000¥ シール 15000¥〜

    二番目に安価にバックカントリーができる方法であるが、この方式の欠点は、(1)と同様、尾根筋を登り降りして目的地点に着くまでの間、 トレッカー着脱が必要、その都度収納 取りはずしなどの手間がかかります。同行者が全員このスタイルなら問題ないが、1人だけだと他の人に迷惑になることもあるので ツアー催行者に確認が必要です

    ★★★ ゲレンデで使っている用具(アルペンスキー)のビンディングを両用(歩行モード、 滑走モードの切り替えができるもの)ビンディング(ディアミールやDYNAFIT(ディナフィット)のTLTなど)に交換する。

    登坂時にはヒールフリーで歩行ができ、目的地に着いたら、ヒールを固定し 滑走モードにします。 ビンディングの交換時、注意すべき点は、 取り外したアルペンビンディングの取り付け穴が板の強度を損なうこともあるので、 この場合は板も同時に新調せねばなりません。 この方式も登坂の為、シールが必要になります。

    ビンディング歩行モードビンディング滑走モード

    画像左 ビンディング歩行モード         画像右 ビンディング滑走モード

    (体力のない方や、テレマークを習得する時間の無い方や、技術習得費用などから、アルペン滑りのままでいいとお考えの方などに最適な超軽量バックカントリービンディングが登場)

    ディアミール イーグルなどよりもっと軽いディナフイットのTLT Vertical FTビンディングTLT Vertical FTなどに変える。イーグルなどと比べると、滑り重視派には、物足りないかもしれないが、 このDYNAFIT(ディナフィット)のTLT Vertical FT、またはSTビンディングは  重さが約1000g/1ペアと超軽量、  ただ、対応専用ブーツが必要になるが、ガルモント、ブラックダイアモンド、スカルパ、ディナフィットなどの各メーカから対応ブーツも開発され、選べるようになっている。 この専用ブーツも2.9s/1ペアで軽量(他のブーツとの比較:アルペン テレマーク 山とゲレンデ兼用靴などはおよそ3.4s〜3.8s/1ペア)。

    @ TLT Vertical FTビンディング(1s) + 専用ブーツ(2.9s)  = 合計 重さ約3.9s
    A TLT互換のテレマーク用 NTNビンディング(1.5s) + 専用ブーツ(3.26〜3.79s)  = 合計 重さ約4.76〜5.29s
    @ のAT用具(登りはヒールフリー、下りはヒール固定)が、いかに軽いかよくわかります。Aのテレマーク系の競技用モデルは2013年に、更に超軽量なNTNビンディングも登場していますが、いまのところ専用ブーツの軽量化が進化しておらず、価格もレジャースキーヤーが簡単に手にできるほどのコストではない。

    さて、@のビンディング+専用靴で約10万円 更にスキー板もとなるとかなりの投資となるのが難点。  しかし、 軽量さではテレマーク用具とほとんど大差がなくなる。  投資も、テレマークスキースクールで、技術習得し、バックカントリーに出るには 5年〜10年、 とても10万や20万では済まない事を考えれば、、、安い投資ではあると思うが、、、。

    ★★★★ テレマークスキー用具を使う

    アルペン滑り【 パラレル、ウエーデルン(小回り)など 】が きちんとできて、スキーの板にしっかり乗れる足前の方で、将来、テレマークスキー技術も習いたい方に限りますが(無理にではないです)、テレマークスキー用具1式(板+テレマークビンディング+テレマークブーツ)を新調し、アルペン滑りでバックカントリーに行くことが出来ます。

    上りは軽い用具(板 ATブーツや皮革ブーツなど 半固定ビンディング)で 下りは 楽に降りてくることのできる用具として、アルペンで通したい方には おすすめです

    山岳スキーは、歩けて 登山して滑れて 疲れないことに重点をおくことから アルペン用具より軽量なテレマーク用具が注目されるようになりました。 テレマークスキーは、ノルウエーのTelemark地方で生まれた山岳スキーです。 斜面を登って、尾根を歩いたり滑ったり、テレマーク滑りにこだわらず、自身が得意な自由な滑り方で滑り、前方に転びそうに なった時にだけ、足を前後に開脚してテレマークスタンスでバランスを取ればよく、アルペンでもよし、自由に気ままに滑っていい用具だと私は思います。

    軽さに魅かれてこの用具で、テレマーカーグループツアーでこのような滑りをするには、鈍感になることです。 圧倒多数のアルペンスキーヤーに比べ、少数派で誰が見ても異様な滑りのテレマーカー(素直にお認め頂けない方は、小〜高校生に尋ねてごらんなさいまし!)、誇りは人一倍 高く、【アルペンと比べものにならない難しい技術をこなしている】という激しい思い込みから、ミーハー独自の理論で進化を遂げた経緯で繋がっているやんごとなき方々、「なーんだ アレ!山スキーじゃないの」「ずるいなー テレマークじゃないよ」「山スキーならそこへ行けば」、、と、テレマークに非ずンば仲間に非ず、の バッシングを受けます。

    タイマンでの御意見なら丁々発止もやぶさかではありませんが。{ ヒールフリーは、かかとならず、心まで解放してくれる楽しい用具 } と言いつつ、とても堅苦しい事に縛られている排他的な一面をお持ちの方もおられるので、聞かないふりをして、なんて言われようと、じゃんじゃん思うままのスタイルで滑りまくりましょう。

    { 私も一応テレマーク滑りはできるのです。A、Bのイントラに各90分ずつ2年間で180分習いました。結局、誇り高きテレマーカーに比べたら屁のようなものですが、それなりのアルペンのプライドに阻まれ、チンボツ。

    あきらめかけたその時、イントラBから「ヒント」をもらう。夜はしっかり寝て、その方の動画をスロー再生で、涙ぐましい努力。ン  さっそくノーマル細紐革でコッソリ。 ピンポーン。パラレルテレマーク成功。トータル200分です。一見さんに、この良心的なイントラB師は、東信のスクール とても感謝しています。

    私の場合、テレマークで滑れるとは言うものの、 恐怖を感ずる斜度や悪雪、小回りになると、自然に得意なアルペンになってしまうのです。 それが なにか }

    3〜4年も通ってるがいっこうに上達しない、4年かかってこの私でも、ようやくテレマークパラレルターンができるようにしてくれたなどと、イントラのトラップにはまり、喜んでいる方、あなたの運動神経のせいで上達が遅いのではないかもしれません。

    ゴルフなども同様です。ショットが右左に!安定しない 100を切るには!、然るべきプロは、スイングを観察し、極めて短時間に弱点を見つけ、矯正指導してくれます。あらゆるジャンル(ギター、テニス、水泳など)で、その道のプロがみれば、欠点、弱点はすぐわかるのです。長年染みついた癖を直すには時間がかかる場合もありますが、矯正方法がみつからないせいではありません

    スキーも滑りを見れば、すぐその方のレベルがわかるものです。対処方法がわかっているのに、通い詰め、つぎ込まないと、真髄をなかなか教えてくれない師も稀にいるのです。一目で矯正方法がわかっているのに、箸にも棒にもかからぬ難解さを強調し、いろいろ試行錯誤して策を見つけたなどと、苦心して時間をかけて上達させた、このスクールでなければ、今のあなたは無い。というカリスマ性を出すには、効果的な方法です

    年数回の受講なら矯正に時間がかかりますが、数年間 通いつめ、つぎ込んでいたのに、ゲレンデやしまった雪期のBCゾーンや、夏場のグサ ベチャ シャーベット雪の上で、パラレルテレマークに3〜4年もかかった方、今年から舞台登場減の初代W'd duckに代わり2代目W'd duckの可能性大です。

    このような方は、一度立ち止まって、その場を離れ、別の地を訪ねてみることをお勧めします。 拠点は小さなスキー場、東信のスクールですが、弱点を短期間でみつけ、上達させてくれる意外な大物、良心的な師(イントラ)に出会えます。

    気弱い方は、テレマーカーだけが集まるガイド社は避けて、スキーヤーのみ(アルペン(AT)テレマーカー混成)か、左記+スノーボーダ―混成可のツアーガイドを求めましょう。そこは、アルペン(AT)グループの中にテレマーカーが入ってもガイド自身も、テレマーカーが多いですが、違和感を感ずることはありません。アルペン派はテレマーカーが思うほど、テレマーカのことなど気にも留めないのです。物好きだナ くらい。

    オリンピック スキーの花 ノルデイック ジャンプはヒール半固定のビンディングです 最新のモデルはヒール固定に見えるものもありますが・・・テレマーク用具の一種です。 着地(ランディング)は、御存じのテレマーク姿勢です。これは80〜140mも滑空 した後、着地する時の衝撃を緩和することと 両足をそろえた着地は ヒール半固定の用具の弱点、前方に吹っ飛ばないよう危険回避の為に するものと考えられます。

    着地した後、アスリートはみな アルペンターンで急なシャンツエを 降りてきます。なぜでしょうか? 複雑な両足交互に入れ替えるテレマークスタンスが不要だからです つまりテレマークスキー用具を使うからと言って 無理して谷足を交互に前方に開脚してターンなどしなくても アルペンターンで十分ということなのです。

    アルペンスキーヤーの方が 、テレマークスキーを体験してみるとわかりますが    テレマークスキー用具でアルペン滑りができるのです。なんの違和感もなく、今までのアルペン用具で滑るのと全く変わらないのです。 意外に思われるかもしれませんが。テレマークスキー用具は、テレマークターンが出来る用具ということであって、アルペン滑りが 可能なのです

    テレマークのビンディングは大別して2種類、ワイヤケーブル式(半固定)とブーツのつま先だけを固定する3ピン方式 がありますが、3ピン方式(完全なヒールフリー)は、ケーブル式よりも難しい感じがしますが、つま先ががっちり固定され、滑りは似たような感覚ですが、靴底に雪が張り付く凍える環境で靴底の3ピン穴とビンディングのピンを合わせるのは、なかなか入らず難点です。

    完全なヒールフリー用具で、アルペン滑りをすると、安定性のために 両足を前後に開脚する テレマークスタンスと違い、  前方に対して不安定になるので ケーブル式よりももっと、前転倒し易くなり、スピード滑走などの滑り重視派には不向きです。 革靴は更に安定感がなくなります。

    ワイヤケーブル式+プラブーツまたは革靴なら、かかとは、完全にフラットになるわけではなく、半固定に近いので、歩く時は、かかとが上がって(ヒールフリー)普通に登れ、下りはそのまま何の操作をすることもなく滑走できます 。

    テレマークのビンディングの最新モデルは、傾斜角度に合わせた クライミングサポート(斜度に応じてかかと位置の高さ切り替え可能なもの)も出て、アルペン両用に比べて、テレマークの登坂時の唯一弱点でもあった問題もなくなりました。

    テレマーク靴(アルペンの靴ではテレマークビンディングに装着できませんので)と、 板も全て新調せねばならないが ケーブル式のテレマークビンディングと組み合わせれば、最新のアルペン式モデルの重さとだいたい同じになります。

    テレマークスキー用具 1式  60000〜
    ブーツ 50000〜
    シール 15000〜

    ★★★★★ ツーリングスキーやクロスカントリー系スキー

    歩き主体で、そこそこ滑りも楽しむ 軽さだけにこだわるなら

    ツーリングモデルの細板(ライトツーリングのステップソール板やヘビーツーリングモデル)
               +
    軽いシンプルなクロカン用のビンディング(例 サロモンSNS X-ADVやロッテフェラーのNNN BCなど)
               +
    バックカントリーブーツ(サロモンX-ADV-8やフィッシャーのBCX675 クリスピーのNordland GTXなど)

    などと組み合わせれば、滑走性、機敏性は失われますが、林道や丘など適度な斜面で使うバックカントリーツーリング用具になります。 また、目的や技量に合わせて、細板で3ピン用ビンディング(Rottefella Super Telemark)とテレマーク用革靴(スカルパ ビンソンの革靴など)や専用長靴で楽しむこともできます。

    更にもう少し、滑走を重点に、楽しみたいのであれば、ウロコなし細板(技量に合わせてライト/ヘビーツーリングモデル仕様など)とテレマークビンディング(例 ロッテフェラーの チリケーブルなど)にテレマーク用革靴(スカルパ ビンソンの革靴など)などと組み合わせれば、登坂にはシール装着し、細革テレマーク(細板とブーツ選びの参考サイト)になります。

     ツーリングモデルこのような軽くてシンプル 華奢なツーリングスキー用具は、登坂は楽ですが、積雪不十分な山岳スキー(立山など)で岩やデブリ 初冬や春夏残雪期のアイスバーンに遭遇するようなところでは、テレマークは、通常の用具(ノーマル板 + プラブーツ)でも滑りのスタイルからエッジングがアルペンより弱いので、細板では更にエッジの食い込みが悪くて滑落の因になったり、新雪滑走では両膝をそろえるアルペンターンに比べ、後足荷重が弱いと先端が潜ったままで、ひっかけ転倒しやすいですし、樹林帯ではブッシュにひっかけたり、立木に激突など、瞬時に危険から身をかわすための瞬敏性がないので、こうした場所で使うのは極めて危険です。

    新雪ツリーラン(樹林間)を華麗に快適に滑る動画の多くは、集客や用具セールのためにレッスンプロやガイドが仕掛けたデモ動画です。レジャースキーヤーは顧客獲得や話題つくりに滑るプロの真似は避けるべきです。 JFMGAなどの山岳スキーガイドの資格をもつガイドは、こういう場所でこの類の用具は一般的に使わせません。

    以下はあくまでも私個人の使用評です。
    登りは、靴もビンディングもめちゃくちゃ軽いし、かなりの斜面でもシールなしで登れ 快適そのものです。しかし、滑走感覚は、通常の板(ウロコなし)のエッジやソールに雪ダンゴが氷り付いていた時の滑りや、春先の常時ストップ雪の滑走と似た感覚で、速度むらが出来、つんのめりそうになったりして、全く楽しくありません。(動画で見るとスムーズに見えますが、足裏にかなりの違和感です)軽快不快ステップソールです。

    スキー場外の上部のオフピステでツーリングを終え、帰路 ゲレンデを滑り降りるときは、滑らないし、滑走摩擦音は大きいし 興ざめです。メーカによってウロコの形状や刻み方は特化技術と思われ、滑りや、滑走摩擦音にかなり差があるようですし、スキー板の幅(W)が太くなるほど抵抗が大きくなります。 登りも楽で、滑らかな滑りも楽しみたい 二兎追い派には不向きと思います。

    また、量より質、一日一度の滑走であっても納得の1本の、滑り重視派には、楽しめない用具です。何千回滑ろうと満足感は得られない用具と感じました。  ひ弱で重い滑走具では体力が持たない方や、滑りが不得意で上達の見込みのない方、緩斜面や丘などの直線的な滑り主体で、スキーを履いて動いているのが趣味?の方の林道雪山散策向けか、ウロコなし(ノンステップ)板の快適な滑り味を体験したことのないスキーが初めての方やスノーシューの代わり(滑りはだめだが立木や障害物の前で必ず止まれる訓練をすれば)に使えばスノーシューより格段に行動しやすく最適と思われます。

    長年快適な滑りを楽しんで来た私にはあまりの落差に笑ってしまうような用具です。早春残雪の麓で、ひとりのんびり ふきのとう採りなどにはいいかもしれません。

    スキー場が営終になる3月末頃のザラメから5月末以降黒ずんだ腐れ雪で8月末頃までの期間、滑るのは可能だが、下地の固い部分にソールが当たると、つんのめったり速度むらが出て楽しくない。腐れ雪はスピードが出ないし、ターンはし易く、どんな滑り方(そうとうなへたくそでも)をしても、 用具の太板、細板や、ソール(フラット、カットどちらも)やアルペン、テレマークを問わず、簡単に、それなりの ごまかしターンができてしまう。

    シーズン中 新雪、深雪、重い雪など、うまくターンできなかった者が、この時期になると、コブなども、「シュシュー ジュル シュル ズズ ズズー ズリズリ ズン」急にうまくなったように感じて、「オオ ゥオオッ!すごーい うまーい」 秋の高山残雪 アイスバーン粉砕整備氷上ボーゲン強制滑り 中級の もチョイ上テレマーカーに「うまいなあ゛ー オイ!」笑止千万

    夢見よく、財布のひも固からず、楽ちん商ができそうな貴重品種に技ありの 商売用 褒めごろし語に、 日頃褒め言葉に恵まれぬ、自惚れの強ーい通年精勤duck連、W'd・duckを追うPrince・leekテレマーカーなどは、ついその気になってしまうものであるが、後で動画を見て、蚊取り線香の煙に酔った蚊のような己の滑りに愕然とし、夢覚めし者は「おちょくり」か「ひやかし」に気づく。

    未だ夢続きし者は、訪れた者を錯覚迷わせる おぞましき洗脳の儀、納板と称し、神聖な山の雪渓のたまり水を、油と泥で汚れたスキー板を洗い汚す秋まで、延々、、、

     ナ行 ニ・ヌ抜き3連変格活用 〜かしらBBS。 秘太刀、二刀の使い手であられるや!近視危うきに近寄らず!

    また、 南半球の海外遠征などに恵まれない、アルペン モーグル スノーボーダ―などアスリートが、乗鞍、月山、鳥海山などで、切れのある滑りや、タイム短縮の訓練をすることには、意味があろうが、基礎のできていないレジャーテレマークスキーヤーが、立山や乗鞍などの中、緩斜面などのシャーベットで、ノラり クラり 「ズ、ズズズー、ズリッ、ズル リ」 「シャーシャー シャーシャー」などというターンの練習をしても、腐れ雪だからできたのであって トップシーズンになれば、もとのへたくそに戻るだけ。基礎のできていない人には悪いくせ、感覚だけが残る。 いとも簡単に曲がってしまう腐れ雪。

    腐れ雪の時期に、優秀なインストラクタ―達は腐れ雪で己の研鑽をすることはあっても、レジャー有料レッスンなどしないものだ。何年たっても、少し重い新雪などがうまく滑れない人は、シーズンオフの期間に、技を磨きたいのであれば、ごまかしの効かない、サマースキー場のゲレンデでみっちり、こそ練か師について基礎を磨くことです。テレマークのサマーゲレンデレッスンは富士山麓のスキー場などで見かけます。

     
    ツーリングスキー用具 1式  36,000\〜
    ブーツ 36,000\〜 例:スカルパ ビンソン テレマークひも皮革靴 2.5s/1ペア
    クリスピ テレマークひも革靴やNNNクロスカントリースキー用ビンディング対応の サロモン ツーリングブーツ XADV8など。

    このサイトのTOP ページへ

    クロスカントリースキーコースのあるスキー場名