装備gear

バックカントリーに必要な装備には、スキー用具などスキー用品 ゴーグルなどのスキー小物品 服装 下着などの衣類 バックパック(ザック)  必需品の三種の備品  洗面医薬品など、詳細は品名をクリックしてください。

 NO  品       名  数 量  備     考
 1  山岳スキー板  1組 山岳スキ−用ビンディングの付いたもの(ヒールが固定&フリー切り替え可能のもの)、またはテレマークスキー。* ヒール固定の ゲレンデ用ビンディングのものは、 別途スノーシューが必要です
 2  スキー靴  1組 アルペン(ゲレンデ用)ブーツ、山スキー兼用靴、AT(アルペンツーリング)ブーツ、テレマークブーツ何れか1足
 3  ストック  1組 ストックリング大のもの(φ10p)伸縮可のもの
 4  シール  1組 使い慣れたもの。スキーの横幅に合ったもの
 5  バックパック(25L〜36L)  1個 行動中背負う防寒具、水、携行食等が入る大きさ。スキー装着可能(スキーキャリー付)なもの。ヒール固定ビンディングの場合は、このほかにバックの背面にスノーシュー収納キャリー付が必要
 6  オーバージャケット  1枚 防水・透湿性素材を使用したもの。雨具防風具として使用できるものが便利です。ジャケットのフードは頭部全体がすっぽり覆える大きさのもの 
 7  オーバーパンツ  1枚  
 8  防寒具  1枚 ポーラーテック、ダウンなど、軽量で速乾性・保温性の高い素材のもの
 9  スキー手袋  1組 ウール、ポーラーテックなど保温性の高い素材のもの。薄手・厚手と使いスキー手袋分けると便利。春夏スキーでは暑いので手袋のインナー又は作業用の軍手など 
 10  靴下  1組 ウール、ポーラーテックなど保温性の高い素材のもの 
 11  サングラス  1個 紫外線から目を守ります。登坂時はサングラスで!ゴーグルは汗で曇ります
 12  ゴーグル  1個 悪天候時などの視界確保、ブッシュなどからの目の保護 眼鏡の保護に。
 13  帽子  1個 耳たぶを覆えるタイプの防寒用帽子など
 14  アンダーウェア(下着上下)  1組 化繊、ウール素材のサーモスタット、テックアンダーなど保温性の高いもの(綿は不可)
 15  ヘッドランプ  1個 予備電池、予備電球も忘れずにご用意下さい
 16  コンパス  1個 現在位置の確認やナビゲーションに
 17  地図  1個 1/25000地形図など
 18  雪崩ビーコン  1個 雪崩埋没者のレスキュー、自身埋没時は位置発信に絶対必要(電池は新品と交換または既定電圧の確認) 
 19  携帯用スコップ  1個 雪崩埋没時のレスキュー、ビバークに。
 20  プローブ(ゾンデ棒)  1個 雪崩埋没者捜索のために必要。携帯用のコンパクトなもの
 21  温水ポット  1個 厳寒期はペットボトルは氷ることがある。行動中の水分補給に。
 22  日焼け止めクリーム  1個 紫外線による日焼け予防。リップクリームもあると良いでしょう。
 23  洗面用具・医薬品   持病のある方など常備薬を忘れずに
 24  その他工具類など   シール用ワックス、携帯用滑走ワックス、
 25  レスキュー保険   ヘリ出動要請などの補助資金として、万一の遭難に備えて
 

上記は、バックカントリーツアーの標準的な一例です。主催者の推奨装備などから選んでください。この表に記載のアンダーウエア(下着上下)や靴下などは、1日の単位です。着替え類は各自 ツアーの日数などに換算して適宜決めて下さい

★ スキー板

山岳スキー板&ビンディング

バックカントリースキー用具は、ハイクアップ(雪山登高)の為、軽くて、頑丈(露出するアイスバーンにも対応できる強さ・故障や壊れにくいこと)、着脱がし易いなど、ゲレンデでは考えても みなかったことが、条件にプラスされます。

テレマークスキー、 アルペンスキーとも、 バックカントリー用として販売されているものもありますが、自分の好みや力量に合わせて、ゲレンデ用、バックカントリー用を問わず 細板〜FAT系まで、アルペン、テレマーク、AT等多種の中から、年齢、体力、滑走技術力、深雪、ザラメ、滑走場所などの条件を勘案してバックカントリーのスタイルに合わせて、ビンディングを選び、それに合うブーツを決めればいいでしょう。

ブーツは、ブラスチック素材のアルペン、山スキー兼用靴、テレマーク靴は、重量に若干の差はあっても、だいたい似たような重さで重いです(およそ3.4〜3.8s/ペア)。AT(アルペンツーリング)ブーツは、これらと比べると、プラブーツよりも柔らかな素材で軽量ですが、ブーツに対応した専用のビンディングが必要になります。価格も高額です。

下記はアルペンスタイル、テレマークスタイルであれ同じ条件での一例です。これがベストということではありません。新雪や深雪が苦手な方は、FAT系の柔らかめ太板を使えば技術的なカバーがし易いですが、その分重くなります。柔らかな板は深雪などには快適ですが、柔らかすぎるとゲレンデを滑り降りる時、小回りが利かず疲れます。オールラウンドモデルが適です。

主な滑走場所  体力 技術力 年齢 量&質 適合しそうな板 ビンディング ブーツ
山岳  パウダー中心 あり悪雪、深雪は チョイ苦手 30代 質FAT系 柔らかめの板 1. ハイクはきつくても滑り重視→マーカー
2. 楽にハイク→ TLT又はディアミールなど
1. サロモン アルペンブーツ又は兼用靴
2.  ATブーツ
 山岳
 新雪・深雪が中心
 普通 雪質を問わず、どんな斜面も 上手く滑れる 中高年 質 セミFAT系
または細めの
オールラウンド板
 1.楽にハイク→ TLT又はディアミールなど1. ATブーツ 
山岳
しまった雪又は
ザラメ 
 なし  雪質を問わず、どんな斜面も 上手く滑れる 中高年 量 細めの
オールラウンド板
 1.楽にハイク→ TLT又はディアミールなど
 1. ATブーツ 
 丘陵・林道など 軽ツーリング なし非樹林帯の
 緩斜面
 高年 量 細めの
ステップソール板
 とにかく軽快さ
クロカン用 サロモン
SNS XADVなど
 ツーリングブーツ(サロモンX-ADV-8など


ビンディングとブーツの基本的な組み合わせは、下記になります

★ アルペンビンディング→アルペンブーツ又は兼用靴 
★ ATビンディング→ATブーツ
★ テレマークビンディング(3ピンまたは、ケーブル式)→テレマークブーツ
★ NTNテレマークビンディング→ATブーツ(従来のテレマークブーツは装着不可)
★ クロカンビンディング→ツーリングブーツ又はクロカンブーツ

ATビンディングにアルペンブーツ(ゲレンデで使う)は、メーカ非推奨ですが、
ATビンディングに装着は可能です

★ ウエア

ツアー時の天候、気温、季節などにより、適宜調節します。薄手のものを重ね着(レイヤリング)して空気の層を沢山作ると、暖かいです。

下着 上下保温性、速乾性の高い化繊やウールを着用します 綿は厳禁です。 安物でなく良質の素材でいいものを買って下さい。命にかかわる大切なウエアです。
シャツ下着の上に着るもので、保温性、調湿性のよいもの、化繊+ウール素材
中間着保温性のよいもの、ウールまたは、化繊素材など
オーバージャケット一番外側に着るものです。テント泊などのハードツアーでなく、山小屋などの拠点をベースの悪天時引き返せる程度の日帰りツアーなら、登坂時、暑ければ、脱げばいい、少し重いが、ジャケットはゲレンデ用でも可です。登坂するので軽くて防寒性、防水性のあるもの
オーバーパンツ一番外側に履くズボンです。春、初夏のスキーでは、暑くて不向きですが、厳冬期だけなら防寒、防水加工があればゲレンデ用でも可です。夏スキーではサイドベンツの汗対策のついたパンツが必要です。残雪の登山ですから。

★ ツアー装備

ビーコン

ビーコン雪崩に埋没した時、そこから電波を発信する発信機。 切り替えで埋没者を探す受信機にもなります。持っているだけでは意味がありません。使い方をマスターしておきましょう。 30000〜70000円程度


ショベル

ショベル急な天候異変でビバーク(緊急避難)時の穴掘り用として、また、雪崩埋没者の捜索に使用します
5000〜15000円 


プローブ(ゾンデ棒)

プローブ雪面に棒を挿し、雪崩埋没者を捜索 前記同様使い方をよくマスターしておきましょう。 使う必要がないのが一番ですが!
5000〜15000円 

以上の3つは、どこのツアーでも参加に必携。レンタルも可能です。


ストック

ゲレンデ用のストックはストックリング(輪)が小さくて、深い雪には ずぶずぶと沈んで役にたちません。大きめ(直径10〜12cm)パウダー用と 交換しておきましょう。交換用リングだけなら格安です。500¥ サイズ可変の伸縮ストックは、厳寒期、凍結して伸縮不能にならないものを 店頭でよく聞いて購入して下さい。 バックカントリー用ストック は、 10000¥〜


スノーシュー

スノーシュー

ヒール固定ビンディングのスキーの場合は、スキーを背負って登坂するので、左図のような西洋式の「かんじき」 をアルペンプラブーツに装着して雪山に登ります。山の傾斜に合わせてかかとの高さが 調節可能です。
価格は20000円くらいから


バックパック

バックパック 2泊3日程度で1日の行動が終わったら、山小屋などに戻って泊まるバックカントリーならば、25L〜36L程度の容量のもの、ベース宿に戻って 泊まるのであれば、着替えなど、不要なものは、宿において行けますから、小さめが無難です

また、スノーシューで登坂する人は、スキーを収納するサイドスキーキャリー(バックパックの左右についています)かフロントスキーキャリー付のもので、スノーシューを背負えるキャリー付(バックパックの後面についています。スノーシュー又はスノーボードが収納できます)のバックパックが必要です。山用品スポーツ店やネットショップで入手する場合は、確認してください。 20000¥前後〜


シール

登坂時、スキーの滑走面に取り付け、後方に滑らないようにします。 前方には多少滑ります。スキーのトップに固定し テールは固定しないものと、 トップ、テールとも固定するものとがあります。

スキー手袋

手袋は、予備を1式持っていきましょう。休憩や、シール脱着時、不意の風に 吹き飛ばされることもあります。外したら、ポケットかバックに必ず入れておく習慣の 癖をつけておきましょう。素手はやめて、インナーを取り出しておき それを着用するといいです。

温水ポット

体を温めるために必要な、お湯を入れることのできる保温性のある水筒 寒さでペットポトルの水は氷ることがあります。

ゴーグル

滑走時、目の保護(ブッシュなど、、メガネの保護、舞い上がるパウダーよけ) 主催者によっては、着用義務付もあります。

サングラス

登坂時は、ゴーグルは汗で曇るので、サングラスで。

食糧

行動食(調理なしに食べれるもの)、飲料水、非常食(黒砂糖、チョコ、飴、ブドウ糖など)

帽子

重要なのが帽子(耳まで覆えるものが必要)風雪による体温低下防止や、頭に汗をかいたら、帽子をとればもっとも簡単な体温調節にも。

ワックス

雪質によりシール滑走面に着雪することがあります。固形でも液状でも構いません。 着雪すると、とても動きにくくなります。

このサイトのTOP ページへ