バックカントリー 用語 辞典 Dictionary

バックカントリー用語辞典

雑誌などでバックカントリースキーウエアなどを参考にしようとすると、種類の多さと用語に迷ってしまいます。 ここでは、ウエア スキー用品  雪山など、普段ゲレンデでは使わない用語 WEB検索でバックカントリーにヒットする耳慣れない言葉などについて 少しだけですが、解説しています。

検索(言葉の先頭文字をクリックしてください)

B G JA J NNN NTN SA S SNS T X

 アバ      ガイ   ジャ スキ スキシ スプ スト             

おまけ(トレーニングなど)

スラ フラ ローラ

BCクロカン(バックカントリークロカン)

スキー共通用語では、ツーリングモデルの軽量板で、積雪の少ないシーズン初期や、春先の雪の締まった時期に、アップダウンの多い丘や林道周辺のツーリングスキーをいう。クロスカントリースキー(クロカン)系仕様【 カットソール板 + クロカンビンディング(ロッテフェラーNNNなど)+バックカントリーブーツ(クリスピ―GTXなど) 】でバックカントリースキーの意味である。画像はサロモン xadv8バックカントリーブーツである

古くから存在するジャンプターン(ターンの前にストックをつきチェック→飛び跳ねる→方向を変える)の亜種技術を、最新の技術の如く呼び名を付けたり、簡単なものを、より複雑・難解にして・・・?、誰かの造語であろうか、BCクロカンは俗称のようで、業界標準用語はツーリングと称している。

用語はスキーヤーの誰にも通ずる「やさしさ」が必要だ。アルペンスキーはそうやって発展した。用途や同系技術なら名前は統一すべきである。どちらが先に命名したのかは知る由もないが、俗称語が標準を超えると、入門者は道具選び等が、より複雑化する。

最近動画サイトで、BCクロカンスキーツーリングなどというへんてこなものを目にしたが、BCはバックカントリーの意味、クロカン(クロスカントリー)は野山を駆け回るの意、ツーリングはあちこち遠出の意、何故このようにもったいぶって同類語を並べ立て、独りよがりの造語が必要なのか? 《 いにしえの昔の武士の 侍が、馬から落ちて落馬して 女の婦人に笑われて、赤い顔して赤面し 、》のようで、まことに珍妙である。

BCクロカンという略語はわかりにくい!。我田引水 商売繁盛 その業者のレッスンを受けないと理解不能の用語をネットで軽々に使うべきではない。

 本来クロカンの板は、細く、長く、軽いものだが、歩くだけではなく、丘や林道など 気に入った緩、中斜面でバックカントリーに使う板は、そこそこターンもある(ハイキングイメージ)ツアーで、未熟なものは、スキー操作のし易い、もっと短く、カービング板の出現する以前のノーマルスキー板に近いディメンジョン(84o 64 70 L=160〜190pほどの長さ)+ カットソール + エッジ付板に、軽量なクロカンビンディング+クロカンブーツなどと組み合わせたり、(80〜66o 60 66)などの更に細い板と組み合わせたりする。

本来の意味はクロスカントリースキー板を使って雪の林道や冬季車閉鎖の道路や 小高い丘や林、森など ネィチャースキーとして、 華奢で軽いシューズで 歩きを主体に楽しむバックカントリーのこと。 目的によって、FAT カービング太板 細板 中間板などもあるので どんなスキー板を使ってもいいわけで 改めて名前つけるのも変な感じですが、、。

足元の不安定なキレの悪い用具(3ピンテレマークなど)は、アクシデントの発生頻度の多い場所で、(たとえば落石やデブリに遭遇)急に方向を変えたり、止まったりする動作には不向きです。高山の 岩場や急斜面、残雪期の岩やアイスバーンの多い時期の山岳スキー(立山等)には向きません。未熟な者が岩などを避け損ねたら大変危険です。人も道具もそれに適した場所で使ってこそ力を発揮します。

この用具の特徴は、登りは軽いし、かなりの斜面でもシールなしで登れ 快適そのものです。しかし、滑走感覚は、通常の板(ウロコなし)のエッジやソールに雪ダンゴが氷り付いていた時の滑りや、春先のストップ雪の滑走と似た感覚で、速度むらが出来、つんのめりそうになったりして、全く楽しくありません。(動画で見るとスムーズに見えますが、足裏にかなりの違和感です)

スキー場の更に上部のバックカントリーツーリングを終え、ゲレンデを滑り降りるときは、滑らないし、滑走摩擦音は大きいし 興ざめです。メーカによってウロコの形状や刻み方は特化技術と思われ、滑りや、滑走摩擦音にかなり差があるようですが、私見では、 滑らかな滑りも楽しみたい方には不向きと思います。ひ弱で重い滑走具では体力が持たない方や、滑りが不得意で上達の見込みのない方、緩斜面や丘などの直滑降主体で、歩きが趣味の方の林道雪山散策向けに最適と思われます。

この用具を使うマニアは、全国でも 今のところ極極少数派のようで、全くみかけません。稀に動画で見かけるのは見覚えのある顔ぶればかりですし、用具も某メーカの新品ステップ板が半年間もオークションで入札者「0」で、たびたびの出品も見かけますし、また、ビンソンの革靴なども、製造中止 もうなくなると言われて久しいが、2014年12月現在 サイズ豊富とは言えないまでも まだまだ入手可能です。一部のBBSの記事やインストラクターなどに宣揚され、鵜呑みにして 衝動買いをしないようにしましょう。在庫が 「0」 になっても、いいもので多数の需要があれば、生産コストの目途がつけば、モデルチェンジして再登場する場合もあります。

GPS

GPSには様々な機能があります。主に登山やアウトドアで、自分のいる位置やルートのナビゲーション ができたり、緊急時の位置記憶など多機能のものもあります。

山スキーなどではあらかじめ、コースMAP情報をPCから、入れておき 後で 、PCと接続し、行動した範囲の軌跡を地図上に表示することもできます。道迷いなどでも、衛星からの電波が届く視界の あるところでは、位置精度も向上していて10m位の誤差で威力を発揮します。これだけに頼ってはなりませんが!

JAN

Japan Avalanch Network(特定非営利活動法人 日本雪崩ネットワークの略号)日本雪崩ネットワーク(Japan Avalanche Network)とは、雪山で活動する方に雪崩についての正しい知識とマネジメント・スキルを普及させるため、研究者、山岳救助隊、スキーパトロール、山岳ガイドなど、雪崩に専門的に関っている人々と連帯し教育活動をする「非営利団体」です。雪崩を中心に置いた<円卓>をキーコンセプトとし、<情報>という視点で活動を行っています。(JAN 記事より引用)

ガイドは、 Level 1を取得し、経験を積んだ後 Level 2 を受講し合格すれば、国際的に通用するプロ資格所持者となる。

JFMGA

Japan Mountain Guides Association‘(社団法人日本山岳ガイド協会の略号) 山岳案内やテレマークスキー、スノーボード等々によるガイディングをする資格で、ガイド協会発足(平成16年)以前と以後では、 種々の事故防止などの観点から、16年以後の取得がより厳しい資格認定されるようです。信頼性のあるバックカントリースキー スノボツアー ガイドに必要な資格の一つです。資格会員であるかどうかは、JFMGA会員名簿が公開されています。

NNN

クロカンスキービンディングの規格で、チロリア・ロッテフェラー社製のNNN(New Nordic Norm)のこと。細めのレールが2本ある。SNS規格のブーツは装着できません

NTN

ロッテフェラー社製、 踏み込み式のビンディングのこと。 New Telemark Norm (通称NTN)規格で AT boots対応 アルペン山スキーブーツでもOKだが 従来のテレマーク靴では装着不可。 チリケーブルと同クラスの軽量な(1.5s/1ペア) 型式も出て、軽量化が図られたが、専用ブーツは従来のブーツと同程度 の重さで、開発目的が何なのかよくわからない。

これよりも軽量の用具に慣れているテレマーカーが、今より重いかなり高額な ビンディング+専用ブーツに乗り換えるとは思えないし、 軽量化した専用ブーツも種類豊富なTLT互換ディナフットに対抗? NTNは高額な投資の割に中途半端な感。 アルペン派が今履いているゲレンデブーツでそのまま履けるなら、価格がTLTよりも 安ければ山スキーに使うかもしれない。

SAJ

SAJ ( Ski Association of Japan ) 全日本スキー連盟の略称。日本のスキー競技を統括する団体。国際オリンピック委員会(略称IOC)傘下の日本オリンピック委員会(略称JOC)に連なる団体。スキー技術検定などほぼ全国のスキー場のスクールで受験できるのもこの組織。

下記のSIAも同様の検定を受けられるが、異なる点は、SAJが日本国内だけの資格に対し、SIAは国際準拠の資格で移行しやすい(外国がそのまま受け入れるかどうかは不透明)。SAJ公認スキーインストラクターの資格有効期間は2年で、理論と実技の研修を受けないと資格が剥奪されます。但しインストラクターやデモンストレーター以外の一般のレジャースキーヤーの各種検定合格書は永久版である。

外国でスノースポーツの教師として職を望むなら SIAで、レジャースキーヤーならSAJ、SIAどちらでも大差なし 競技を目指すなら SAJの資格。同じスノースポーツなのに2大組織。 もう一つ 新日本スポーツ連盟傘下の全国勤労者スキー協議会というのも存在し、詳細は不明

SIA

SIA (Professional Ski Instructors Association of Japan )( 日本職業スキー教師協会の略称 )をいう。 ISIA ( 国際職業スキー教師連盟の略称 )に加盟している日本の団体で、スキー(アルペン テレマークを含む)をはじめとするスノースポーツの技術指導を目的とした、スキー教師の為の社団法人の組織。 全日本スキー連盟同様、スキーの普及を目的としている。

ISIA (International Professional Ski Instructors Association)はスキー技術の指導方法について国際標準ほぼ統一基準を設け、ISIAに加盟している国の組織で取得したステージ2以上の資格ならば どこの国へ行っても他の者よりは就職への道のりが近いようである。

世界38ヶ国のSIAを統括管理する団体であり 国として加盟するのであって 個人や企業が ISIAに直接加盟 会員になることができません。

日本では資格がなくてもスキーの指導ができますが、外国は資格がないとスキー指導を職業につくことが難しい。 仮にNZL(ニュージーランド) CAN(カナダ)など海外で、教師資格 ステージT〜V(Vが最高レベル)を取得した場合 NZLまたはCANなど、その国のSIAに所属して職につきます。 日本SIA資格ステージ2か3の取得者には、SIAが会員証にISIAシールを貼付しています。(ひじかたさんのSKIのいろいろページ+X)  の記事を参考にさせて頂きました) したがってISIA会員 という称号はSIAが発行するものであって 個人や会社がISIAに申請はできません。

外国で取得した方が日本でスクールを開く場合は、日本のSIAに入会するのが普通です。個人営業の場合、資格がなくても日本では知名度があれば教えられますし、資格≠給与からなのか  ○×スキ男 ISIA会員とプロフ略歴に 掲載している スキースクールサイトをみかけますが、日本SIAの 法人、個人名簿に載っていないものや SIAスクール公認されていないものもあるので こだわるなら確認したほうがいいでしょう。SIA名簿は個人、法人別に 公開されていますので調べることができます。

 海外の資格取得者で 理由があって 日本のSIAに入会しないのなら サイトの略歴などに 取得年月 取得国 資格名称(ステージVテレマーク教師など) 会員証と共に 堂々と掲載してほしいものです。

海外でスキー教師として働く場合は、ISIAに加盟しているその国のSIA(各国で呼称は異なります)に入り、ステージUかVの資格を取ると、その国がISIAに登録します。日本に帰国した場合は、日本のSIAに入会しないと、。あくまでもISIAの会員というだけです。以前に日本も含め、どこかの国で教師をされていた方であったということなのです。

外国で取得した資格を日本で登録する方法 SIA Q&Aなどが掲載されています。

スキーに限らず あらゆるスポーツや芸術 学問は個人の癖 運動資質 体力 能力など10人10色 画一的につめこんでも 上達するわけではありません。資質に合う指導法で 何事も きつくても楽し が一番です。エベレストも沢山のアタックルートがあります。全員が頂上に立てるわけではありませんが。

この資格の上級者は、技術指導の方法は、形式にこだわらず、教師の裁量で自由自在変える事ができる特権があり、理にかなった指導法です。しかし スキーに限らず 技術は日々進化するものです。レジャースキーヤーなら適当でもかまいませんが、資格名簿に載っていない者や公認スクールでない者が、教えるとすれば みよう見まねの自己流指導ということになります。

SIA公認スキー学校の公認期間は4年。公認教師の公認期間も4年でこの間に講習を受け更新。講習を受けなかった者は資格を失う。更新には日本赤十字社の救急法一般講習などの資格更新も義務つけられている。但し教師やデモンストレーター以外の一般のレジャースキーヤーの各種検定合格書は永久版である。

また、この協会の資格は、スキーの技術指導者のための資格であって、雪山山岳ガイドや山岳スキーガイドになるための資格ではないので、有雪期の山岳スキーガイド資格とは全く別である。

SNS

クロカンスキービンディングの規格で、サロモン社製のSNS(Salomon Nordic System サロモン・ノルディック・システム)のこと。センターに太めのレールが1本入っている。SNS バックカントリービンディング(SNSBC専用のビンディング規格)は通常のSNSブーツには対応していません。NNN規格のブーツは装着できません

TAJ

Telemark Ski Assosiation of Japan(日本テレマークスキー協会の略称)公認のテレマークスキースクールは、全国12(北海道 岩手 宮城 山形 福島 千葉 東京 新潟 長野 岐阜 兵庫 広島)の各都市に、あるが このうち、千葉 東京 については事務所と現地は別である。TAJ公認スクールは TAJのWEBサイトで公表され毎年最新のものに更新されている。公認期間は1年で、講習を受け更新しないと資格を失う。

TAJ公認の個人インストラクターは、公認期間1年の間に講習を受ける。2年間講習を受けない者は資格を失う。個人の公認インストラクターについては、TAJから名簿が公開されていないので真偽は判断できません。また、インストラクターやデモンストレーター以外の一般のレジャースキーヤーの各種検定合格書は、永久版である。

XC(クロスカントリースキー)

CrossCountry Ski クロスカントリースキー - ノルディックスキーの一種。雪山を滑り降りるのではなく、 雪の積もった野山を駆けるスポーツ。略称つけるなら、CCかCRCと思うのだが、ゴルフ場との区別か 誰がつけたかXCとなっている。 語源は、MTB(マウンテンバイク)のレース種目の一つ 1周6km以上の舗装されてない山道や坂道などの標高差のあるコースを 周回する事で順位を競うを(XC)と呼ぶので、これをもじったのか? かなりアバウトだ。

雪国では、中学、高校、市町村の冬期運動会など、対抗試合などが盛んで冬場の楽しみのひとつ。 町民が長靴やスキーをはいて雪の中に埋めた宝探しや、パン食い競争や、みかん拾いなど、大人がやっても楽しいゲームもたくさんある 。今はこうしたノルディック競技用の他、一般のレジャーとしての歩くスキー愛好家による、有酸素、健康指向スポーツの一つとして楽しむとか……。 雪国以外の人が、気楽に楽しめるスポーツとして定着するかどうかは、もう少し先にならないと、判断できないところですが 冬の運動不足の解消、健康にいいことは確かです。

このスキー板は、アルペン、テレマークなどの山スキー板と違って、WESTが非常に細く4pから6pくらいで、とにかく軽い。 歩き回るのに最適です。大別して4種類の板があります

☆ フラットソールでエッジなしの板(競技用)画像参照
☆ カットソールでエッジなしの板
☆ フラットソールでエッジ付きの板
☆ カットソールでエッジ付きの板
どれも、華奢で非常に軽い。前記2種は素人の滑降には不適です。 もう一つ大きな特徴は、シューズにあります。アルペンやテレマークスキー用のブーツと違って、非常に華奢で、 シューズという呼び名がぴったりの靴を履きます。

歩くことは簡単にできますが、このスキーで小回りターンは、とても難しいです。バックカントリー用には165pくらいの短い板を使うものもいますが、操作しやすいからと むやみに短くすると 回しやすい反面 安定性がなくなります。自分の体格や技術に合った板を選ぶべきです。

小高い丘を登ったり下ったりするクロスカントリーのレースでは、 Rの大きいターンばかりなので、走り滑りながら、小刻みに方向を変えていく方法ですみますが、このスキー板でバックカントリー(BC)の場合は、 もう少し小回りのターンも必要です。その場合はテレマークターン技術か、アルペンターン技術応用が必要です

でも、 このスキー板で優雅なターンが出来てもなんの意味もありません。できるという事と 適材用具かは別です。ターンを楽しみたいバックカントリーなら目的に合った別の用具を使えばいいだけのこと。ミーハー、見栄っ張りもほどほどに!

クロスカントリー仕様のビンディングを付け革靴などで楽しむ、林道や丘などのツーリングはテレマーク滑りでなくても、アルペン滑りで、十分ターンもできます。テレマークの特権 究極の真髄などではありません。アルペンの方 歩くように通常のアルペンターンのように、山足が幾分谷足より少し前に、いつものように滑れば小回りもできます。コツは、アルペン滑りではかかとを上げないのは当然ですが、テレマーク滑りも、後足のかかとを上げないようにすることです。但しヒールフリーの欠点 前方への転倒制御の為にテレマーク前後開脚姿勢をとらないアルペン滑りはテレマーク滑りよりも更に前方に吹っ飛びやすいことはいうまでもありません。

アルペン滑りの人がテレマーク用具を使ってアルペン滑りをしても何も問題ありませんので。

 ただ、転倒無用エリアでの 敏捷性 が必要な、山岳岩場(立山など)ツアーや樹林帯 林間ツアーには不向きです。怪我をしないよう 瞬時に身をかわすことのできる伝達 キレのいい用具を使うべきです。

どうしてもクロスカントリー系の細板+ 革靴などにこだわるのであれば、岩場の無い初心者向きの緩斜面か、林道や丘程度のバックカントリーに限定すべきものです。それ以外のゾーンで使う用具ではなく、季節外れ時期に 軽さや、趣向ばかりを強調するツアーなどで、春から夏  岩肌やブッシュの出る頃の残雪やアイスバーンの可能性のある時期に、技術の未熟なレジャースキーヤーが使う用具ではありません。間違うと とても危険です。

後述しますが、ヒールフリーは恐怖で腰が引けた時以外は、 前につんのめるか 前転雪だるま転倒です。下半身、足のケガはほとんどありませんが、肩の脱臼 頸椎捻挫 鎖骨骨折 顔面強打撲(ネット検索すれば 額のケガなど画像があります) 等々 使う場所 楽しみ方を間違うと アルペンとは違った怪我のあることを心得ておくことです。

3ピン用テレマークビンディングなどには、ISO 使用方法などで、危険防止の為、所定のヘルメット着用を義務付けているものもあります。無着用で、頭部のけがなどには、保険が適用されない可能性がありますので ガイド等に確認が必要です。

アウター             アウターシェル    アウタージャケット    アウターパンツなど

山スキーは雪山登山です。ウェアには保温重視のゲレンデウエアとは別に、防寒性や耐水性が求められ、 さらに転倒や衝突など不慮のアクシデントから身体を守るための防護性、丈夫さも求められる。

スキーウェアは種類が多く、 アウターとインナーに大別され、アウターとはナイロンやポリエステル素材のジャケットやパンツであり 、一番外側に着るウエアをいう。

厚手のアウタージャケット1枚よりも薄手のものを2枚重ねてきたほうが 保温性がよいことから、ジャケットの上にアウターシェルを着る重装備も。 基本的な防寒、防水、防護機能のほかに小物やリフトチケットなどを収容するための ポケットなどが付いています。

バックカントリーで悩みの種、豊富な種類と名前のアウターウエア  体感温度は個人差があります。一概にこれというものを指定はできません。暑がりか、寒がりか 着る時期 (オールシーズン 厳冬期 春など) で判断しなければいけないようです。

アバランチ

avalanche[英]「雪崩」や「突然襲いかかってくるもの」という意味。ビーコンの語で記述

インナー

スキーウェアは種類が多く、アウターとインナーに大別される。 アウターの下に着込むインナーには、防寒性のほかに着心地の良さが求められ、 軽くて肌触りの良いフリース素材のアンダーウェアなど、アウターウエアは防寒、防水、防護機能はありますが、 それ自体に保温性に優れているわけでは無いので、インナーウエアの重ね着で調節するのが基本です

ウインドパック

表面が風により氷化して、硬くなった雪質。その厚みにより、フィルムクラスト、もなか雪などと区別。 文字通り、風の強弱、方向、雪の浅深 などによって状態が変わる。滑りにくい、踏みかえターンで。

オフピステ

[独]piste=ドイツ語でピステ レース用に整備されたコース(ゲレンデ状態)の意味 これに対し、雪が降った自然のままの状態、非圧雪の状態をオフピステという オフは[英]英語のoffで、英+独の和製造語かもしれません。

バックカントリーでは、ゲレンデの外ですから、そこは全てオフピステゾーンです。1964年に札幌冬季オリンピックで 北海道にピステ車(ゲレンデの圧雪車)が登場、その後10年くらいで瞬く間に全国的に普及しました。

それまでは、全国どこのゲレンデも降雪の都度、ゲレンデは一面広大なリフト付きのオフピステゾーンにリセットされ 滑ってはリフト オフピステ三昧でした。白馬八方エリア 志賀高原 広大で夢のような時代でした。 今はどこのゲレンデも90%以上が圧雪されています。

ゲレンデは、地滑りなどの危険を避けるため、禿山に造成はしません。森林地帯のゲレンデにしたいところだけ樹木を切り、切り株やブッシュを抜いて周囲は森林地帯をそのまま残し、ブルで固めて 草地が多いです。地形的にはそのままでは、雪崩の起きやすい状態になるのですが、大勢のスキーヤーが踏み固めたり、今は圧雪車で固める為、危険が少なくなります。

最近、スキー人口減で全国的に廃業のゲレンデが多くなり そのせいかバックカントリーに使うガイドを見かけますが、人が入らずピステもされない 地盤の点検もない禿山状態のゲレンデ跡は、雪崩の危険が高いのです。ガイドが地質や、雪崩メカニズムのエキスパートならともかく、滑り易いからといって、安易に立ち入るところではありません。素人単独バックカントリーも言わずもがなです。

ガイド研修

【 研修とは一般に行政や山岳ガイド協会など、公的機関の筆記、実技に合格し、資格取得した者が資格満了前に資格継続するために、義務付られているものをいい、研修日程、主催元、研修名(たとえば、公的なものとして長野県では、取得後3年目を迎える者に対し、信州登山案内人研修(トップに信州が付く)が県のHPで公示され、2014年度は11月6日に座学研修が終了。継続研修には実技の実施はない。

また、新規資格合格者は2014年は7月に発表があり、2015年度は6月5日に座学、6月6日実技試験が行われ7月11日合格者を発表した) 内容などが、公示されている】

地元私設ガイド組合などが、非公式非公開で実施した講習会や訓練などを、個人的に、登山案内人研修などと、公的と錯覚するような、まぎらわしい呼び名に置き換えて公表する輩がいるようであるが、我々素人は、優劣の判断がつかず、混乱する。

長野県公認 信州登山案内人 名簿
北海道アウトドアガイド資格認定制度

ガイドレシオ

[英]ratio=比率  ガイド:顧客の割合 一人のガイドが受け持つ顧客の人数を表したもの。 1:3 1:6(約17%) など、安全認識の高い社は、難易度の高いツアーは、1人のガイドが3人までが最大(約30%)で、以下難易度が低くなると 6人を限度としていますが、私のであった業者は、ガイド1人が3人までで、それ以上の人数になると、サブガイドを入れ、レシオを上げて、目が行き届くように配慮しています。

また 経験や年齢 技術力 体力などを考慮して同一ツアーをグループ分けしてくれました。リーダガイドが先頭を滑り 次に客 シンガリ(最後尾)をサブガイドが、 この繰り返しで滑走します。

サブガイドは、滑走途中で客が起き上がれぬような転倒や、立木と衝突などアクシデントがあった時にすぐ応対しやすいのでシンガリを務めます。もし一人ガイドであれば、急斜面を登り返すことになり、労力と時間がかかりますからね。

1:1が一番よさそうですが、ガイドがアクシデントに合うこともあるので、1:2以上か やむを得ず 1:1のバックカントリーなら他の人が誰も入山しないスポットエリアには行かないほうが安全です。危険なガイド 要素事例11参照。

カットソール

ステップソールとも呼びます。滑走面の中央部に鱗状のカットが施されたものです。  板は弓なりに反っており(このような板を ダブルキャンバーまたはダブルベンドといいます。左右のスキー板の滑走面を向い合せに立てた時にできる隙間のこと、通常の板は皆シングルベンドです)。

荷重したときに鱗面が雪に接します。 両足に均等荷重すると、60sの体重の人なら理論上片側30sずつ分散し、 カットソールの施されたセンターが、雪面にグリップしないので、滑走できる状態になり、反対に片足に 全体重をかけたとき、グリップして、登り斜面では滑らないのです。

ダブルキャンバーと鱗のお蔭で、滑るときには抵抗が少なく、登るときには後ずさりをしません。

バックカントリーでは軽さと操作性から低山歩き重視の方は軽量ツーリングモデル(68 60 55 185p)などの板を使い もう少し滑りを重視する方は、カービング板の前の世代に近い短かく細めの(80 60 66 180p以下など)シングルべンドの板を使います。ウロコの種類も魚燐や多角形など、多様です。斜度が緩い20度程度なら、シールなしで登れますが、それ以上は、ジグザグ登坂かシールをつけて登坂でないと苦労します。

また滑る時も、ウロコの形状によっては、摩擦抵抗感があり、ゲレンデ滑走では ヒュヒュヒュキーンとスノータイヤで雪のない高速道路を走行したような唸り音が出ます。モスキート音が今でも聞こえる私の耳にはかなり耳障りです。

アップダウンの多い高原ツアーに便利です。ステップ板と呼ぶ方もいて、知識の無い頃 登坂の時に ブーツの下に敷く 傾斜のある板かと勘違い^^、、、

キックステップ

アイスバーン状になった斜度のある雪の斜面の登坂時、そのままでは滑って滑落危険のある場所で、スキー靴の先端(靴のデッパリ部分、テレマーク靴はAT靴よりも大きく張り出したコバと呼ぶ部分)で、アイス化している雪面を先端で数度蹴飛ばす要領で足がかり(足場)を作り、左右交互に繰り返し、少しずつ移動します。

サンクラスト

日光で雪の表面が融け、湿気を多く含んだ雪質に変わり、日中は重い雪質に、夕方や、気温の低下に よって表面だけ固くなります。低山のバックカントリーにおいては危険な雪質です。重雪で滑りにくい事と、足をとられて バランスを崩すなど、注意が必要です。

ジャンプターン

ストックを突き(チェック)、スキーのテールをはね上げてジャンプし、方向を強制的に素早く変えること。 一般にはジャンプターンというが、テレマーク系では、ジャンテレなどと趣味仲間同士で呼ぶ人もいる。

ターンには目的によりいくつかの種類があるが、細部では弱冠異なるも、基本は同じ。 ターンするのに十分な幅のないゲレンデやゲレンデENDからの下山コースや、春先のアイスバーン化ゲレンデを小回りジャンピングでエッジを食い込ませながら降りる時などに使う。

技術として知っておくのはいいが、重いバックを背負ったバックカントリーでは新雪、深雪で軽くテールをはね90度程度の方向を変えるジャンプターンに使うことはあるが、急斜面アイスバーンで180度方向を変えたり、狭間でリスクを伴うようなところで、安易に使う技ではないのでバックカントリー実践向きではない。

屈強な脚力の持ち主ならいいが、重い荷物を背負い疲れて弱った脚で、このような場所で飛び跳ねることはリスクが高い、たいていこのような場所は、片側が深い谷底か両側が壁である。特にヒールフリー用具は、エッジ食い込みも浅く、ヒール固定よりも両足のバランスを崩しやすく失敗すれば命取りです。このような場所でジャンプターンはしないと思いますが為念。

スキーアイゼン

スキー板につけるアイゼンです。登山靴に滑り止め用のアイゼンを装着するのと同様 スキーに取り付けて使う。立山など初冬〜アイスバーンの可能性のある高山で、滑落の恐れのある 急斜面のトラバースなどでは、必携用具です。

スキーシール

雪山の登坂に、スキー板の滑走面に貼り付け、スキーの後滑りができないようにします。 前進は、抵抗がありますが、滑ります。登坂時、疑心暗鬼で片方のスキー板に全体重を乗せないで 登ろうとすると、雪面グリップが効かなくなって、後ろに滑ってしまいます。シールを付けても、きちんと 片方の足に全体重をかけるように登坂しないと役に立ちません

スプーンカット

スキーシーズンの終わる春以降 残雪の表面形状がスプーンでえぐったように波状になった状態をいう。滑りにくい。大きな魚燐を裏返しに沢山並べたようにも見える。正式な名称は不明。雪国では融雪を早める為に砂や灰を蒔くが、この部分だけ早く雪が融ける。

スプーンカットが出来るメカニズムは、山肌の土砂などの粒が原因?でそこを中心に円状に雪が消えてできるという説があるが、かなり広範囲で、形 大きささも 規則的に並んでいるので違う要因と思う。私見だが、春から初夏の頃大粒の あられ や大粒の雨が降る、雨の芯は塵。これが原因なのでは?。

ストップ雪

春スキーの頃、ザラメ系のよく滑る雪を快適に滑っていると、突然砂の上にでも乗り上げたかのように ブレーキがかかったように、滑らなくなって、前のめりに転倒しそうになる。この雪質を一般に「ストップ雪」と形容しているが  この滑りの悪い雪はザラメではなく、真っ白なもちのような雪である。未圧雪でも圧雪でも起こる。 黄砂が飛ぶ時期でもあり、そのせいだという説もあるが、原因は判らない。

私は相対的なものだと思っている。ザラメは摩擦が少なく良く滑るが、ザラメになる前の摩擦係数の多い雪は滑りが悪い。車でアスファルトを走っていて、急に砂の上を走ったら、おそらく同じ感覚になると思う。

スノーシュー

ヒール固定ビンディングのスキーの場合は、スキーを背負って登坂するので、西洋式の「かんじき」 をアルペン用プラブーツやスノーボードブーツに装着して雪山に登ります。山の傾斜に合わせてかかとの高さが 調節可能です。

スラックライン

幅2.5cm〜 5cm長さフリー(20m程度)のゴム製バンドの左右を立木などの高さ50pほどの位置に結び固定し、その上をバランスを取りながら前後に往復したりベルト状の綱渡りの感覚。

本来はバランス感覚や集中力など鍛えるスポーツ具として使われているものだが、テレマークスキーの体幹トレーニングに奨励する者もいて、もし効能があるなら、瞬間的な反射神経が限界まで要求される、ジャンプ、スラローム、滑降スキー、高速回転3〜4.5回転のフィギュアスケートやウルトラ難度の体操競技など あらゆるスポーツのオリンピック選手やアスリートなどが、真っ先に使い、頻繁に活用しているはず。

オリンピック ジャンプのメダリスト葛西選手が使っている動画が2013年にTVで紹介されたが、他の選手が これで鍛えたなどという話はこれまで一度も聞いたことがない。

他のメダリスト 浅田真央選手などが使っているという話も聞いたことがない。 やらないよりはましという程度なのか、。根拠があるのか 思いつきなのか、単なる客寄せバンドなのか? スキーの体重移動や重心、バランスの訓練なら、下図のように、誰でも自宅室内で手軽にできるバランスボード、のほうがはるかに効果的と思われる。

雪庇(セッピ)

建物や林道沿いの崖などに積もった雪が緩んで、徐々に家の軒下や、斜面にせり出して、いつ崩れ落ちてもおかしくない状態。 重い雪の下敷きになると窒息等、とても危険です。

段差

段々畑や棚田に雪が積もると、高さの違う階段状の段差ができます《英》(Rice Terrace ライステラス) およそ2m〜5mあり、段差の下には小さな小川や用水路、急な根雪で取り込めなかった、竹、パイプなどの支柱やビニールハウス用の 鉄アングルなどが立てかけてあったりします。

毎年2m以上の積雪のある棚田のある地方で育った方は、四季の変化、根雪が徐々に増えて、段差が埋もれていく様をよく知っています。雪国育ちでも、最高積雪が1m程度の地方で育った人は棚田では滑れないので、遊んだ経験はないでしょう。このような方が遊び感覚で段差を滑ると自他共に怪我のリスクありです。

バランス感覚が面白く、遊びに楽しい場所ですが、段差の高さによってスキー先端が潜って、転倒したり、石組にあたったり危険な場所でもある。不用意に飛び越えたりしないことです。林道などライトツーリングや通常のバックカントリーで、帰路 ショートカットとしてよく使われます。 画像は棚田 段差

チョッカリ

直滑降のことです。雪国のこどものスキー遊びの言葉です。同じスタートラインから、誰が一番遠くまで行けるかを競い、早さよりも、距離優先。中学、高校の体育の正課授業の一つで非圧雪の斜面を全員滑らせる教師もいました。

新雪滑りの入門として、緩斜面の直滑降は、浮遊感、沈み過ぎず、浮き過ぎず、体重の掛け方など新雪の特性を知るうえで役立ちます。それ以外の目的で、やたらとチョッカるのは、体が硬くなっている高年の方はやめたほうが無難です。年寄りの冷や水です。

ツボ足

板を履かず、ブーツで歩くこと 歩いた足跡がツボに似ているので。

ツリーホール

立木の周りにできた雪穴の事 大木の根元には幹の大きさに比例して幹の周りの雪がすり鉢状にへこんでいる。生木の温かみで 周りの雪が融け、図のように えぐれて深さ2m位のものもある。樹林帯を滑る時は、穴に落ちないよう木の根元近くに要注意。落ち方によっては、1人では身動きがとれなくなり、板も外せず 死ぬこともあります。単独行動では特に注意要です。

ツリーラン

林の木々の間を滑り降りること 坊主山のような、樹木の生えていない場所は、滑り易い反面、雪崩が起こりやすいところですが、大きな樹木の生えている林では、雪崩が起きにくいのでバックカントリーではよくつかわれます。但し上記のツリーホールや立木と衝突しないよう、技量に合わせてスピードをコントロールし、背の低いブッシュ間を抜ける場合は、顔や頭部、目等を、はねたブッシュで負傷しないようゴーグル等で保護することが大切です

テレマークスキー

山スキー板の一つ。アルペンとクロスカントリー板の中間板。ブーツのかかとがアルペンのように固定されておらず、半固定と完全なヒールフリーの2種類。ブーツの先端部がジャバラになっていて適度に折れ曲がり歩き易い。滑り方は、ヒールフリーの弱点である前方へのめらないように、前後に開脚姿勢をとってバランスをとりながら滑る。ターンは谷足を交互に前に開脚して行う。初期の頃のように膝を深く屈伸し、腿がパンパンに張るような滑りは、どのスキーレッスンでもなくなって、緩斜面の小回りターンなど見ていてもアルペンと区別できないくらい進化、ピコピコ感が消えた。

当初は歩きも重要な要素で、軽くて軽快な細板が主流だったが、 最近は新雪の滑り重視からかファット系の幅広板の登場で、アルペン板と大差がなくなった。一部で本来のテレマークスキー を取り戻そうという愛好家もいて、クロスカントリー細板か、これに近い板を昔懐かしいひも革靴で、、革靴は確かに軽くて履き心地はいいが、難点は プラブーツと違って、革製品は、湿気や水分のあるところで長く使うと、独特の臭みが出る。脂性の若者が履くと、足悪臭 皆で入るこたつの臭さ、懐かしいと言うにはあまりある 余談ですが。

ヒールフリーの弱点は、スキーの先端が凹面に入ると、前方に吹っ飛んでしまうことであり、とても怖い1面でもある。また重い荷物を背負ってのテレマークターンは重労働である。テレマークスキーは テレマークターンが出来る用具ということであって、アルペン滑りも可能な用具です。転倒したら起き上がれぬような重い荷物を背負った時には 無理にテレマーク姿勢をとらず、アルペンにきりかえて膝の負担を軽くするのが普通です。

以前、無人山小屋用に、重い薪を沢山背負い、急斜面テレマークターンに耐えきれず、転倒している動画を目にしたが、、、超ベテランらしいのに、、、。臨機応変に切り替えて楽に滑れる用具なのに、自惚れていると急斜面では命取りになります。

デブリ

雪崩によって堆積した雪の塊や岩石が崩落してできる堆積した岩や土砂。春スキー等滑走ルートにこれがある場合は、迂回するか、この場所を通らないことである

ドカユキ

一度に沢山積もるような降雪をドカユキという。 積雪の多い地方では一晩に50p〜100pも積もることがあります。 湿り気を多く含む地方の雪は瞬く間に 一片2pくらいの雪の結晶が、ボサボサと積もってしまいます。

ドライレイヤー

下着

ドロップ

山頂や稜線上から、斜面に飛び込んで滑走を始めること。

バックパック

backpack [英]日本語化しているリュックサック[独]と同義語。ザックとも呼ばれる。

シールを使わずにスノーシューでハイクアップされる方は、スキーを背負う事の出来るサイドキャリー付で、且つ滑走時に脱いだスノーシュー(ボーダーの方は同位置にスノーボードを収納)を収納するバックキャリーがついているバックパックが必要です。並みのバックパックには収納できません。

スキー、スノーシュー、スノーボードなどを収納するキャリー付バックパックのお求めは、ブラックダイヤモンド社製、モンベル社製、オスプレー社製など、参考にしてください。

収納の仕方について、ご質問がありましたので、簡単な画像を掲載します。 バックパックにスキー を装着する

パウダースノー

粉雪のこと。新雪、深雪の意味。本州では、標高や季節にもよるが、長野県北部などは軽い雪だが、山形、秋田、岩手、青森など もっと軽い。山形以北は上越などに比べると、ほとんど雪の抵抗を感じないくらい軽い。新雪を滑る腕前がなくても(そーとー下手でも) すいすいターンができ、うまくなったと錯覚するほど軽い。アスピリンスノーと言われる北海道はおして知るべし。雪質は最高

上越の雪は、気温によってパウダーからべた雪まで まさにバックカントリーで出会うほとんどすべての雪質で技術が磨けます。東北や北海道の軽い雪はごまかしがきくので、うまく滑れるような 錯覚をしがちですが、バックカントリーではごまかしの技術は通用しません。上越などの雪で基礎を磨き、こなせればどこでも通用します。

パウダーバスケット

パウダーバスケットリング=ストックリングの大きいサイズ(直径10p)をいう。ゲレンデでは、圧雪がほとんどなので、ストックリングは小さくても雪面下にもぐることはないが、バックカントリーはすべてオフピステゾーンです。リングが小さいと ズブズブと沈んで役に立ちません。ゲレンデ用のリングを大き目のパウダーリング(バスケット)と交換しておきます。右側がゲレンデサイズです。

リングの交換方法は、ストックのポール部分を手で固定し、リングを引き抜くように半時計回り(左)に回しながら、取りはずしてから、パウダーリングを時計回り方向(右)にねじ込む要領でポールの突起部分が見えなくなるまで回しこみます。

ビーコン

アバランチビーコン=雪崩ビーコン。バックカントリーでは、グループまたは単独行動でも、必携の装備です 受発信機になっていて、発信機 にして入山します。グループの誰かが雪崩に埋没した時、残りの人全員は受信に切り替え、発信電波の方向を捜して救出します。 単独入山の場合は、他グループが遭難した場合は、救援活動に、自身が雪崩に巻き込まれたら、救助を待つしかありません。 15分の間に救出されなければ、助かる見込みはないそうです。持っているだけでは意味がありません。使い方をマスターしておきましょう。

フィルムクラスト

ウインドパックされた雪質の中で表面が薄い状態。一見表面が固そうに見えるが、ふれただけでさらっと崩れる感じで 非常に滑りやすい雪質。温められて雪の表面に出た水蒸気が冷たい外気にふれ、瞬時に凍るときにできるという。故三浦敬三氏(101才で没 アルペンスキーの師 バックカントリースキーの元祖でもある)も著書で絶賛している。

フラフープ

1970年頃、子供〜中年まで安くて手軽な遊具として大ブームとなったが、 「腸ねん転の恐れあり」と噂になり瞬く間に姿を消した。 最近、復活したのか エアロビクスや新体操などで取り入れているところもあるようだ。

では、腸捻転は単なる噂だったのか  ネット検索すると医学的な因果関係は解明されていないものの、もともと腸の弱い体質の 者が、フラフープ運動がトリガーとなって、腸ねん転を起こす可能性はあるという。 何事も程度が大切という事か?ひ弱な年少者やJJ、BBはやめたほうがいい。スキーの準備運動に良いなどと 勧める者もいるが、何の根拠もない。思い付きの暇つぶし程度であろう。

プローブ

ゾンデ棒ともいう。雪面に棒を挿し雪崩埋没者を捜索 使いたくない道具だが、万一に備え、使い方をよくマスターしておきましょう。

ベースレイヤー    ミッドレイヤー     ミッドシェル

レイヤリング
バックカントリーでは、ハイクアップがあるため、ウエアの温度調節は重要。ベースレイヤー (下着) ミッドレイヤー(中間着) アウターレイヤー(上着)が基本だが、メーカー NEWモデルで、ウエアの重量、汗冷えなどの 点から、薄く重ねて着るという進化したものも出てきている。どうしてもこれを着なさい ということではありませんので、、。   

細革

細板+革靴(スカルパやクリスピなどから テレマーク用革靴も出ている)などの組み合わせの軽量なバックカントリーツーリングスキー用具をいう。細板の定義は明確な根拠はなく、バックカントリーに一般的な共通スキー用語ではない。

ディメンジョン(TOP 68 60 65)クラスのノンステップ仕様の板と、ひも革靴で相性の良い軽い3ピン用テレマークまたはチリケーブルなどの軽量ビンディングと組み合わせて使う。

ステップ板と組み合わせも可だが、ハイクアップは軽くて快適そのものだが、滑りの楽しみは半減する。ファット系+プラブーツでは、味わう事の出来ない細板の不安定感、繊細、難易度、革靴から伝わる微妙な足裏感覚も魅力の一つでマニアとなるようだ。私的には、斜面変化に対応するのが精いっぱいで、足裏を感じて しのごの言える余裕はありません。

ラッセル登坂の必要な新雪深雪の時期には不向きで、積雪の少ない初冬シーズンか春のザラメ以降に適度な斜面で使う。アイスバーン、岩などの露出する時期山岳岩場のあるバックカントリー(立山など)には向かない。画像はスカルパ ビンソン テレマーク革靴  

モナカ雪

ウインドパックの中でも特に厚みが増した状態。1センチぐらいの厚みがあることも 。菓子のモナカのように、表面が固まり、内部が柔らかい雪。最も滑りにくい雪質で、春先に多く見られる。 湿り雪の多い上越、北陸地方などの春先のゲレンデ脇か バックカントリーでしか出会わない雪質だが、 うまく滑るには相当の技術が必要。悪雪のレッスンをしてくれるスクールもある。表面だけが硬いため、ざくっと沈み滑りにくい。 踏みかえターンがいい。

ローラースキー

ローラースキーは、クロスカントリー競技者の夏場のトレーニング用具に開発されたものです。 一般の方がやってはいけないものではありませんが、レジャーを楽しむ為のものではありません。プロテクタをつけ 交通の妨げや歩行者の危険のないところか、所定の施設で使い訓練します。

雪がありません。舗装道か、土の上です。転倒すれば危険です。冬のクロカン未経験者や 中高年、特に骨密度の低い方は やめたほうが無難です。プロテクトしていても、擦り傷や生傷が絶えませんし 運動不足解消や体力作りが目的なら、サーフィン ジョギング ウォーキング サイクリング インドアなら、エアロビクス 水泳などが適だと思います。

このサイトのTOP ページへ