バックカントリースキー。 まだだれも 滑った跡がない ふかふかパウダー ノートラック。 ゲレンデの非圧雪ゾーンは、どこの スキー場もほんの少しだけ。 スキー場を一歩出ると、 そこは広大無辺な、オフピステゾーン!晴れ渡った空は、いよいよ青く、見渡す限り シーンと静まり返った 幻想の世界。まぶしく輝く白銀! 言葉では表現できません。 そこを、おとずれた人にだけ与えられた空間です。

人を魅了してやまないバックカントリースキー、ゲレンデとは比較にならないほど、自由度が高く 広大で深淵、非常に奥が深いものです。また、己の持てるすべての技術、体力が顕在化し、自然の手ごわさに打ちのめされるところでもあります。

遭難などが起きると、一部の報道やネットなどで、全ての事故が、無鉄砲な無法者が、入山制限や禁止の出ている雪山に、規制を無視して入山したことによる事故のように扱われ、バックカントリースキー(山スキーやスノーボード等)が全て、悪であるかのような印象を与えかねない表現が使われることがあり、残念なことである。

遭難や事故が起きると、人命にかかわります。大規模な捜索救援、救助活動が必要で、救助する側も、悪天候、深雪、2次雪崩など、命がけの対応になることを想定し、バックカントリーに出る殆どの方は、リスクに対して入念な準備、装備、訓練などをして入山するので、思いつきで安易に入山する方はいないと思います。

が、、ここでは、これからデビューする場合の諸装備、用具(道具)、費用やその魅力と表裏一体のバックカントリーに潜む危険を知って、安全なバックカントリーを楽しむ為に、必要な知識や技術、装備、訓練などを指導してくれる、全国のバックカントリーガイド社の一覧などを記載しています。

バックカントリースキーとは

バックカントリースキーとは、【英】back country:{和訳} 田舎 奥地 人里離れた未開地などの意味です。 これに、skiing(スキー)を + し、人的整備をしたゲレンデと区別して、ゲレンデ以外の自然のままの場所でのスキー滑走をこのように呼んでいます。長語なのでWEBでは、略してBack Country スキー = BCスキーと記す場合もあります。

スキー場で管理している、スキー場エリア内の滑走禁止区域や立ち入り禁止区域を滑るのではありません。そこは絶対に滑ってはいけないところです。スキー場が定めた管理規則や指示を厳守しなければいけません。一般にバックカントリーでは、 スキー場エリアに隣接し、スキー場管理区域以外(スキー場管理エリアではない事を示す、滑走禁止区域、ここから先、自己責任、、、などの看板が出ています)などを滑ります。

図のように青線の外側がBCエリアに該当しますが、スキー場の管理区域外であっても、そこで雪崩発生があった場合、スキー場に影響を及ぼす危険のある個所は、立ち入り禁止になっています。ガイドを同伴の場合は、指示に従えばよいのですが、ガイドを伴わないグループ、単独の場合は、管理区域外でも、このようなエリアもあるので、細心の注意がいります。

ゲレンデの中腹やトップから更に山の頂上や奥まで歩いて登り、そこからダウンヒルします。当然、ゴンドラ、リフトなどはありません。またパトロールや救急体制もありません。雪崩、天候急変、道迷いなど多くの危険を伴います。登山届が必要です。

遭難や事故が起きると、人命にかかわります。大規模な捜索救援、救助活動が必要で、救助する側も命がけの対応になることを忘れない事です。パウダーを滑りたい一心で、こうした危険を考えず、安易な行動をとるスポーツではない事をしっかり認識することです。

バックカントリースキーに行くには、どうすればいいか

準備すべき用具 ウエア 装備については後述します。この章では、これらの準備が整った後の事を記述します。山岳スキーガイドと行く場合、そうでない場合の2通りがあります。前記の通り、厳しい冬山です 初心者、ベテランでも、ガイドを伴わないツアーは単独であれ、グループであれ、私は賛成しません。ガイドを必要とするスポーツだと思います。過去多くの遭難事故は、ガイドを伴わない初心者〜ベテランで、主な事故は悪天事の道迷い、雪崩です。

ガイドによるツアーでの事故や遭難はこれよりは少ないです。客を伴わない「バックカントリーエリアの新規開拓時の試走」などでの、雪崩事故等が見受けられますが、雪山は生き物です。客の有無にかかわらず、ガイド自身がそのような場所での試走は危険を、予知できる能力がなくてはいけません。とはいえ、我々素人よりは、雪山の知識が豊富で、知恵もあり、費用は掛かりますが、無雪期のハイキング、登山等とは全く異質であり、ガイドツアーを推奨します。ガイドがいれば絶対安全というわけではありませんが、はるかに安全性はアップします。 。

注意すべきは、ガイドにもいろいろな方がいます。理解に苦しむ危険な行動をとる方も一部見うけられますので、後述のガイド選びの「章」でくわしく述べますが、スキーレッスンや滑走など、雑誌掲載の客寄せビデオの華麗な滑りにあこがれて、知名度のある方のBCツアー記録を目にすると、滑りに心が奪われ、バックカントリーで、最も大切な ガイド条件(資質や資格)を色眼鏡で見がちです。公認スキー指導員や競技指導員 = ガイド適任者であるわけではありません。全く別の資格が必要です。雑誌掲載の知名度等の情報に惑わされず、自身で真偽判断できる眼力を持って、より安全なBCスキーを楽しみましょう。

どんなバックカントリースキーをしたいのか

主に新雪や深雪、ザラメなどを楽しむアルペンスキー、常時かかとが固定されていないテレマークスキー、平地や小高い丘 、林道などを楽しむクロスカントリー系スキーいろいろなスタイルがあります。やみくもに 道具、装備や ウエアを買ってしまう前に どのような類のBCスキーを楽しみたいのかによって用具も装備もちがってきます。

左図のように、スキー用具(道具)を、大ざっぱに分けると アルペン(テレマークと区別する方は山スキーと呼ぶようです)、テレマーク、クロスカントリー、ショートスキーの4種類になります。これらに スキー板(細板 中間板 FAT) ビンディング プラスチックブーツ テレマーク革靴 兼用スキー靴 クロカンシューズ、バックカントリーブーツなどを用途ごとに組み合わせると 数えきれません。

自分の目的に合ったバックカントリーのメインとなる用具をまず揃えましょう。滑りより歩き主体の趣味の方が滑り重視の用具を買っても 重くて使いにくいだけですし、反対に、滑り重視派がテレマーク板とクロスカントリー板の機能を併せ持つカットソール板(ステップソール うろこ板とも呼びます)などを使っても、滑走面に氷雪が張り付いた感じがして滑らかな滑りが楽しめません。

さまざまなシーンにあわせた用具が持てるような裕福な環境にある方は別として、自分の好みのメインスタイルがあいまい(滑り派? or 歩き派?)だと、講習やレッスンが終わると、ステップソール、細板ノンステップソールに革靴、クロカン等etcと次々とイントラに用具を紹介され、通年、レッスンやバックカントリー、オフトレ風商いにとり込まれ、無意識のうちに、誘(いざな)われていることもあります。

このとおりにしていないと 上達が止まってしまうような 仲間外れになるような その用具を買って そのイントラのもとで 通年 スキーとは無関係のあれやこれやと通い続けないと この先は楽しめなくなってしまうのかなどと、思考停止し 不安にかられ、そこに行かないと落ち着けなくなります。

一種の指示待ちMind Ctrlに似て、麻雀、パチンコ、競輪、競馬 クラブ通いなど、ギャンブル等の依存症と同様、ホスト・ホステス依存症候群?とでも、何事でもそうですが、のめり過ぎぬようコントロールが大切です。記載しきれないので 用具などの詳細は別ページに記述します。

費用はどのくらい

ガイド費 + リフト代 + 飲食代 +  注*1) ガイドのリフト+ガソリン負担(参加人数割)

日帰り 1DAY 約5〜6時間程のガイド費で 7000円〜12000円

日帰りツアーだとしても、交通費、前泊などを入れると、最少30000円〜50000円程度が必要

注*1)ガイドの負担金は10000円以上のガイド費には含まれているところが多いようです。

雪国から遠い地にいる方は、前泊、場合によっては後泊代も必要でかなりの額です。雄大な大自然、広大無辺な、オフピステゾーン! パウダーを求め、その空間を独り占めするのですから、高いと思うべきか、当然と思うべきかは価値観によりますが、宿泊の無い週1ゴルフで50000円/月と比べても、はるかに費用がかかるスポーツではあります。

スキー用具 装備 ウエア 備品など詳細の初期費用などについては、別ページを参照してください。

非営利のバックカントリースキー趣味会はあるか


勤務先や一般社会人、知人など 気の合う仲間や、グループで行くと、アフタースキーがより楽しくなるような気もしますが、 勤務先にスキー部はあっても ゲレンデや競技中心でバックカントリー部門は 存在しないようです。

一般社会では、スノースポーツの世界は大きく分けて、下記の3団体がありますが、ネット検索で、バックカントリーを楽しめそうな、社会人グループを調べると、1.と2.の傘下には ゲレンデ活動中心のグループのみです。稀に見つかっても、○△クラブ xx倶楽部 など外見的には、レジャースキー趣味仲間の会に見えますが、非営利ではなく、有料の業者です。

  1. 全日本スキー連盟
  2. 日本職業スキー教師協会
  3. 全国勤労者スキー協議会

○×山スキー同好会 xx山スキークラブ △□山スキー倶楽部 など、沢山存在する会は、全国勤労者スキー協議会傘下のグループが多く見受けられます。入会金+年会費と合宿ツアーなど イベントごとの実費制のようで、スキーガイドを伴うのか 仲間だけのガイドなしツアーなのか 詳細はわかりません。

バックカントリースキーのウエアは

ゲレンデ用で通用します。ゲレンデと異なる点は、リフトの無い自力雪山登山です。大汗をかきます。ゲレンデのウエアは、暖かいのが基本。ゲレンデウエアで、バックカントリーに行くと、軽快、快適にというわけにはいきませんが、とりあえずはゲレンデ用が使えます。暑ければ中間着やアウター(レイヤリング 上着ではウエアの一番外側に着る)を脱いで調節します。

雑誌などでバックカントリースキー装備などを参考にしようとすると、初期投資にかなりの金額が頭に浮かび、迷ってしまいます。また、メーカ各社で品物の呼び名が不統一だったり、最低限 何が必要なのか等よくわかりません。

初級バックカントリーツアーに行ってみて、病みつきになりそうなら、それからボチボチ揃えても遅くはありません。最初からはまってしまった人は、財務省の予算内でいいものを買って下さい。

ヒマラヤや、八甲田山など、キャンプツアー(少々大袈裟です、、)をするのでもなければ、少々重いですが、適度な防寒、防水、丈夫 春 夏スキー以外なら、スキーウエアで十分です。(予算が有り余る方は、最新のもので、ハードツアーに耐えうるウェアをお選びください)

但しフードで顔がすっぽり覆えるものに限ります。(スキーウエアのフードは小さくて浅く、申し訳程度が多いので、天候急変 いざという時に顔全体が保護できるようなものかどうか確認が必要です。)

装備は

ビーコン 携帯用ショベル プローブ の3種はバックカントリーに出る為の、必需品です。ガイドツアーではこれがないと受け付けてくれません(殆どのガイド社でレンタルが可能です)。社によってはこの他に、ツェルト(1〜2人用簡易テント)必須や季節によっては、カラビナ、ヘルメット、スキーアイゼン(クトー)など何れかが3種にプラスされるところもあります。

私は、所謂 山好きの山屋でもなく、かといってバックカントリーの基礎技を磨く大切な場所 ゲレンデに飽きたというわけでも、カラフルなウエアにあこがれる者でもなく ゲレンデ脇のリフト下でも 真っ白い新雪があれば満足する ひたすら貧乏庶民の1人 予算に限界があるので、消去法で装備を考えてデビューし、長続きしそうになってからチマチマと揃えていきました。

ソートー飽きっぽく無駄な買い物が多いので!

例えば、アウター(オーバージャケット&オーバーパンツ「ズボン」)を新調せねばならないかなと思ったら、自分の滑り重視のバックカントリースタイルからイメージをしてみます。

  1. 日帰りツアー もしくは泊まりでも、拠点(山荘等)をベースにしたツアーである
  2. テント泊はしない
  3. 天候が急変しそうなら引き返せるエリアに行く (1人バックカントリーか、安全重視のガイドと一緒なら)
  4. 気温が高ければ、最初から脱いで背負い、寒ければ着こめばいい(冬山ウエアは当然)
  5. 使うシーズンは12月末〜3月末(ハイシーズン が中心)だから雨の確率は低い。
  6. 寒い季節が中心だからパンツのベンチレーターが必要なほど暑くはない
  7. ガイドと行くなら、大雨、風雪予報時はツアーを中止するガイドを選ぶ
  8. 転倒、立木と接触しても少々のことでは破れにくい。
  9. 見栄えは気にしない。

以上の事から、ウエアはゲレンデでも使えそうだということに私は決めました。 他のビーコンやプローブなども同じ考えです。スキー用具もブーツも全てレンタルが可能な社があります。自分で1式揃えるとかなりの出費です。購入してから、心変わりしたら ひと財産 ただのガラクタになりますから。

滑りはうまくなくてもツアーに行けるか

心配無用です。ほとんどの社が受け付けてくれます。複数のガイドがいる社では、余裕があればメインガイドのほかに複数のサブガイドなど、ツアーの場所や規模に応じて技術レベルに応じたそれなりの対応をしてくれます。技術レベル差や、脚力、体力について、事前にツアー主催元で、装備、体力など参加条件などを提示しています(体力2 技術レベル1 装備Aなど)ので自分に合ったコースを選べばよいのです。ほとんど滑れない方がバックカントリーに出ることはないと思いますが、あまり差があり過ぎると、待ったり待たせられたり、転倒ばかりして先に進めなかったりしますので用注意です。また体力は、バックパックを背負い、3時間ほどのスキーを履いた雪中登坂に耐えうる脚力、体力が必要です。オフシーズンには、年齢に関係なく、体力維持や強化訓練をしてシーズンに備えることが大切です。

詳細は、バックカントリー入門のページで!  ここでは、主に初歩的な事柄を、掲載してあります。また当サイトの掲載記事等内容は、私個人の主観によるものであり、スキー用品店やスポンサー、ガイド業者などとは 全く関係がありません。私の使っている製品や、始める時に、とても参考にさせて頂いたショップやメーカや個人のWEBサイトを一方的に掲載しています。

5hr〜6hr/日ほどの工程で、服装、ツアー装備、注意事項、命を託すツアー主催者(山岳スキーツアーガイド)の選別、 ツアー入門の手がかりになりそうな事について記述しています。 又、書き損ねた部分を書き足したりして、重複や継ぎ接ぎ文章になっています。ご容赦を!


スキー連盟 AVALANCH等 BCガイドのレベルやスキースクールやイントラ(インストラクター)の技術レベルなどの参考にして下さい

スキー連盟等

全日本スキー連盟SAJ
日本職業スキー教師協会SIA
日本テレマークスキー協会TAJ

AVALANCH

日本山岳ガイド協会 JFMGA
日本雪崩ネットワーク JAN

スキーよもやま話満載

ひじかたさんのSKIのいろいろページ+X

スキー情報

スキーチャンネル

スキー用品

カラファテ
ヨシミスポーツ さかいやスポーツ
ミヤコスポーツ